奥華子の旦那(夫)が気になる!子供は?メガネがトレードマークの理由は?

奥華子
今回は奥華子について
まとめてみました。

奥華子はシンガーソング
ライターです。

本名は同じです。

千葉県船橋市出身です。

ポニーキャニオン
所属です。

奥華子の旦那(夫)が気になる!

スポンサーリンク

奥華子は1978年
3月20日生まれ
2019年現在41歳
となります。

結婚はしていません。

なので子供もいません。

では彼氏はいるの
でしょうか?

どうやらこれまでに
熱愛報道などはない
ようです。

彼氏はいるけど
報道がないだけと
いう可能性もあります
けどね。

奥華子がメガネがトレードマークの理由は?

スポンサーリンク

奥華子は赤いメガネが
トレードマークですが、
レンズのない枠だけの
メガネを使用しています。

メガネがトレードマーク
となった理由は事務所の
社長に顔が地味だと
言われたのがきっかけ
で、たまたま持っていた
赤いメガネをかけた
ところ路上ライブで
普段30枚程度の
売れ行きだったCD
が100枚ほど売れた
こと、お客さんに身近
でポップな印象を
与える事ができること、
路上ライブを始めた当時、
知り合いと遭遇したら
恥ずかしいという思いから、
奥華子なりの衣装も
兼ねるという3つの理由
から人前に出るときに
必ずかけるようになった
そうです。

値段は1000円だった
そうです。

メガネは多数所有している
ものの、他のものでは
しっくり来ず、幸運の
メガネとのことです。

使い込みにより塗装が
剥がれるなど老朽化が
見られ、2006年9月より
複製した同デザインの
オーダーメイド品を
使っているそうです。

奥華子の学歴

スポンサーリンク

奥華子の小学校は
船橋市立七林小学校です。

小学校時代からトランペット
を習うなど音楽に親しんでいた
そうです。

小学校では卓球部に
所属しています。

また、地域のガールズ
スカウトに小学1年生
から高校生の頃まで
参加するなど、
活発な子だった
ようです。

バザーや模擬店にも
積極的に参加し、
船橋市の色々な所に
出掛けていたようです。

中学校は船橋市立
七林中学校です。

中学校でも卓球部に
所属しています。

また、地元のオーケストラ
に入団して演奏活動も
始めたようです。

それまでJ-POPを聴く
機会がそんなになかった
そうですが、この頃に
偶然聴いた小田和正の
歌声に魅了された
そうです。

そして、そこから
オフコースや槇原敬之
の曲に魅了されていった
そうです。

高校は東京にある
中高一貫校である
愛国高等学校です。

高校3年生だった
1996年に友人の影響
で曲作りを始めました。

高校卒業後東邦音楽大学
音楽学部音楽学科
トランペット専攻
進学しています。

大学からは本格的に
音楽を学んでいます。

トランペット専攻
でしたが、トランペット
奏者としての活動は
ないそうです。

お遊び程度にトランペット
を吹いているのだとか。

大学在学中から
ライブハウスなどで
歌っていたようです。

しかし、当時は音楽で
生計をたてるという
ことまでは考えて
いなかったそうです。

ですが、どこかで
「絶対にメジャーデビュー
できる!」という自信
もあったとか。

25歳を過ぎた頃から
地元の船橋市や柏市
にて路上ライブを
始めます。

「自分を変えよう、
変わらなければ…」
とキーボードと
アンプ等一人で
全部持って路上ライブ
を始めてみたそうです。

そして、実力が
認められ、徐々に
知名度を上げていきます。

その後、1年半に渡り
全国各地で路上ライブを
行いました。

2005年7月に念願の
メジャーデビューを
果たしました。

路上ライブは現在でも
無料ライブという
形で活動している
そうです。

奥華子の家族構成は?

奥華子の家族構成は
父親、母親、兄、
奥華子の四人家族
ようです。

「伝えたい言葉」は
両親のために作った曲
なんだそうです。

兄の名前は太郎という
そうです。

まとめ

今回は奥華子の
旦那、子供、メガネが
トレードマークの理由、
学歴、家族構成について
まとめてみました。

また奥華子について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする