長山洋子の旦那(夫)が気になる!子供は?年収がヤバい?

長山洋子
今回は長山洋子に
ついてまとめて
みました。

長山洋子は演歌歌手です。

1980年代のアイドル
歌手でもあります。

津軽三味線の澤田流
の名取でもあります。

東京都出身です。

長山洋子の旦那(夫)が気になる!

スポンサーリンク

長山洋子は1968年
1月13日生まれ
2019年現在51歳
となります。

2009年4月6日に
アメリカ人の
マーク・スミスと
いう人材派遣会社
の社長と結婚
しました。

年商20億円のすごい
会社の社長という
ことで当時大きな
話題となった
そうです。

二人の出会いは
バラエティー番組
「世界バリバリバリュー」
のロケだったそうです。

旦那が長山洋子が好き
でこの番組のロケの
リポーターに長山洋子
を指名したそうです。

その後、旦那の猛
アプローチがあり、
交際、結婚に至った
そうです。

お金持ちでイケメン
実業家に猛アタック
されたことについて
長山洋子は最初
ドッキリかと思った
そうです。

長山洋子よりも3歳
ほど年下のようです。

長山洋子の子供は?

スポンサーリンク

長山洋子が結婚した
時の年齢は41歳と
ちょっと遅かった
ので子供はいない
のかなと思いました
が、2010年8月に
第一子となる
女の子が誕生
しています。

自然分娩で生まれた
そうです。

病院はセレブが多く
通っていることで
有名な山王病院
だったそうです。

娘はインターナショナル
スクールに通っていて、
父親とは英語、長山洋子
とは日本語で話す
そうです。

名前はスミス・まこ・
サンシャインという
そうです。

長山洋子の年収がヤバい?

スポンサーリンク

長山洋子の年収は公表
されていないため
わかりませんでした。

参考までに演歌歌手
平均年収は
300万円~600万円
ほどのようです。

ほとんどの人が
アルバイトを
しながら演歌歌手
としての活動を
しているよう
ですが、大御所に
なると億単位に
なるようです。

演歌業界では1曲
ヒットすればその
曲だけで食べていける
と言われています。

長山洋子の場合1曲
どころか何曲も
ヒットしているので
億単位の年収が
あると思われます。

旦那の稼ぎもいいので
これからも安泰
でしょうね。

長山洋子の学歴

長山洋子の小学校は
わかりませんでした。

中学校は大田区立
東蒲中学校です。

テニス部に所属する
傍ら、リレーの選手
として活躍するなど
スポーツは得意でした。

高校は堀越高校です。

中学生の頃にスカウト
されて芸能事務所
入りし、高校での
デビューが決まっていた
ことから、より幅
広く芸能活動が
出来るように堀越
高校に進学した
ようです。

南野陽子やいしのようこ、
本田美奈子や永瀬正敏
らが同級生だった豪華
な世代です。

当初は演歌歌手として
デビューする予定
でしたが、高校2年生
の時にアイドル歌手
としてデビューしました。

大学には進学せず
そのまま芸能活動に
専念しています。

高校を卒業した年に
「ヴィーナス」が
ヒットしてアイドル
としてブレイク
しました。

アイドルとしての人気
は長続きしません
でしたが、25歳で
演歌歌手に転向
すると再ブレイク
を果たしています。

長山洋子の家族構成は?

長山洋子の家族構成は
父親、母親、姉、
長山洋子の四人家族
のようです。

父親はとても歌が
好きな人のようです。

子供の頃は常に
民謡や演歌が
流れていた
そうです。

4歳の時に当時、
父親が通っていた
民謡教室に一緒に
行ってみたことが
きっかけで民謡を
好きになり、
長山洋子は父親と
一緒に民謡教室に
通うようになった
と言われています。

10歳になった頃に
民謡教室の先生の
勧めで三味線を
始めるようになり、
父親に三味線を
買ってもらい、
現在でもその時に
買ってもらった
三味線を使っている
そうです。

ちなみに民謡や三味線
以外にも舞踊、
そろばん、習字など
の習い事をしていた
そうです。

旦那、子供については
前述で触れています
のでここでは数に
入れていません。

長山洋子の病気とは?

長山洋子は2019年
8月30日に都内の
病院で乳ガンの
手術を受けたそうです。

人間ドックを受診
した際に精密検査が
必要と診断された
そうで、乳ガンである
ことが判明した
そうです。

9月いっぱいは療養して
10月以降は体調を
見ながら復帰を検討
していくそうです。

まとめ

今回は長山洋子の
旦那、子供、年収、
学歴、家族構成、
病気についてまとめて
みました。

また長山洋子について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする