井上尚弥の妻(嫁)は木村文乃似?子供は何人?年収がヤバい?

井上尚弥
今回は井上尚弥について
まとめてみました。

井上尚弥はプロボクサーです。

神奈川県座間市出身
となります。

大橋ボクシングジム
所属です。

広告代理店・マネジメント
は株式会社セカンド
キャリアとなります。

弟は同じプロボクサーの
井上拓真です。

第36代日本ライトフライ級
王者、第33代OPBF
東洋太平洋ライトフライ級
王者、元WBC世界ライト
フライ級王者、
元WBO世界スーパー
フライ級王者、現WBA・
IBF世界バンタム級王者、
世界3階級制覇王者
なります。

アマチュア時代には
日本ボクシング史上
初となる高校生にして
7つのタイトルを
獲得し、プロ転向後も
8戦目での2階級制覇は
国内最速記録です。

これはワシル・ロマチェンコ
の世界最速となるプロ
7戦目に次ぐ記録と
なります。

井上尚弥の妻(嫁)は木村文乃似?

スポンサーリンク

井上尚弥は1993年
4月10日生まれ
2019年現在26歳と
なります。

井上尚弥は2015年12月に
7年愛を実らせて高校の
同級生と結婚をしました。

相模原青陵高校入学
直後にクラスは違った
そうですが、友人の
紹介で知り合い、7月には
井上尚弥から交際を
申し込んだそうです。

互いの家は徒歩10分の
距離にあり、両親を含めた
家族ぐるみの付き合いで
愛を育んだそうです。

名前は咲弥さんといい、
木村文乃似の美人
なんだそうです。

2012年頃から井上尚弥の
実家で同居しており、
2015年3月から横浜市内
で同棲していたそうです。

正式なプロポーズは
しておらず、「結婚するの?」
となぜか聞いたのだとか。

井上尚弥の子供は何人?

スポンサーリンク

2017年10月5日に
第一子となる男の子
が生まれています。

この時井上尚弥は
「家族が1人増えたことで、
いつまでも強くいられる
父親でいたいと思います!」
とコメントしており、
父親になったことを
実感していました。

名前は明波(あきは)
というそうです。

2018年10月7日に勝利後
リング上で子供が
お披露目されています。

この試合では井上尚弥と
トランクスのベルトラインに
息子の名前である明波
という文字を入れていた
ことも話題となりました。

結婚当時、井上尚弥は
「子供は3人ほしい」と
語っていたので、
これから何人出来るのか
にも注目ですね。

井上尚弥の年収がヤバい?

スポンサーリンク

井上尚弥の年収は明確に
明かされていませんが、
これまでのファイトマネー
が参考になりそうです。

2017年のアントニオ・
ニエベス戦ではファイト
マネーは約2000万円
だったそうです。

その額から井上尚弥の
手元に入る金額としては
総額からジム側への
33%のマネジメント料が
引かれるので約1400万円
だったようです。

ジェイミー・マクドナルド戦
ではファイトマネーは
約4000万円だったそう
ですが、マネジメント料を
引いた額で約2700万円
だったそうです。

井上尚弥はファイトマネー
の他にもスポンサー料や
著書、放送権利料などが
ありますので、年収と
しては1億円近いのでは
ないかと考えられます。

ちなみに愛車を調べて
みると自動車ではなく
自転車のようです。

もちろん高級自転車で、
アメリカのキャノンデール
というブランドものの
ようです。

正確な額はわかりませんが
100万円ほどはする
ようです。

腕時計もロレックス
のようです。

井上尚弥の学歴

井上尚弥は神奈川県
座間市立栗原小学校
から座間市立栗原
中学校に進学し、
神奈川県立新磯
高校に進学しました。

新磯高校は現在は
相模原青陵高校
なっています。

中学生の頃にはU-15
の全国大会で優秀賞を
受賞するなど、アマチュア
ボクシング界では既に
名前の知れた存在でした。

高校時代には高校1年生で
高校3冠を達成すると、
高校2年生で全日本
アマチュア選手権で
準優勝しました。

高校3年生の時には
インドネシア大統領杯で
国際大会で初の金メダル
を獲得する快挙
成し遂げました。

高校卒業後は拓殖大学
に進みましたが
大学4年生で中退
しています。

その後和歌山県の建設会社
所属で紀の国わかやま
国体成年男子の部ライト
ウェルター級優勝や
全日本社会人選手権
優勝を達成しアマチュア
5冠達成の後にプロに
転向をしています。

井上尚弥の家族構成は?

井上尚弥の家族構成は
父親、母親、姉、
井上尚弥、弟の井上拓真
の5人のようです。

父親の井上真吾は
井上尚弥、井上拓真の
専属トレーナー
しています。

中学卒業後に塗装業に
就きましたが、結婚を
機に「有限会社明成塗装」
を立ち上げて独立した
そうです。

井上尚弥と井上拓真が
ボクシングを始めた
ことで、練習の場を
作るために
「井上ボクシングジム」
を設立しました。

父親は24歳の時に友人に
誘われてアマチュアの
ボクシングを始めた
そうです。

仕事がどんなに忙しくても
筋トレやロードワークは
欠かさなかったそうです。

そんな父親の姿を見て
井上尚弥もボクシングを
始めたそうです。

2012年に井上尚弥が
大橋ボクシングジムと
プロ契約を結ぶ際に
専属トレーナーとして
大橋ボクシングジムに
招かれました。

現在はトレーナーが
メインとなっているので、
明成塗装や井上
ボクシングジムの
第一線から退いている
そうです。

2014年に父親は
ボクシングトレーナー
として最も優秀な
トレーナーに贈られる
エディタウンゼント賞
を受賞しています。

母親は井上美穂と
いうそうです。

2013年より神奈川県
海老名市で酒処
「小料理BOX」を
経営しているそうです。

姉の晴香も切り盛りしており、
看板娘としてファンも多い
そうです。

姉の井上晴香はスポーツ
マッサージの資格を持っている
そうで、練習が終わった
弟たちにマッサージ
をしてあげている
そうです。

弟はプロボクサーの
井上拓真となります。

まとめ

今回は井上尚弥について
まとめてみました。

数々の偉業を達成
しているだけに
これからの活躍からも
目が離せませんね。

また井上尚弥について
わかったことがあったら
追記しますので
ご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする