トラウデン直美の結婚相手の旦那(夫)が気になる!子供は?ハーフなの?

トラウデン直美
今回はトラウデン直美
についてまとめて
みました。

トラウデン直美は
モデル、タレント、
キャスターです。

パール所属です。

京都府出身です。

トラウデン直美の結婚相手の旦那(夫)が気になる!

スポンサーリンク

トラウデン直美は
1999年4月21日
生まれの2021年
現在22歳となります。

結婚はしていません。

なので子供も
いません。

では彼氏はいるの
でしょうか?

2021年6月に
知念侑李と
交際している
ことがわかりました。

共通の知人を
介して友人関係
を続けていたそう
ですが2021年に
入って本格的に
交際がスタート
したといいます。

それ以前にも彼氏
はいたそうです。

好きなタイプは
上手に空気を
読める人、自己
表現がしっかり
できる人なんだ
そうです。

トラウデン直美はハーフなの?

スポンサーリンク

トラウデン直美の
父親は京都大学で
ドイツ語・ドイツ
文学を教える
ドイツ人なんだ
そうです。

母親は上智大学
出身の日本人
なんだそうで
トラウデン直美
はハーフとなります。

母親は帰国子女
で9年間アメリカ
に在住経験が
あるそうです。

現在でも日本語
より英語を読む
ほうがはやい
いいます。

トラウデン直美の学歴は?

スポンサーリンク

トラウデン直美の
中学校は京都市立
近衛中学校です。

2012年、ミス・
ティーン・ジャパン
でグランプリと
なり13歳でCanCam
の最年少専属
モデルでデビュー
しました。

中学校で部活に興味
がもてなかった
時に母親が「何でも
いいから、何か
しなさい」と
モデルのオーディション
に応募したそうです。

中学校の成績は
オール5だった
そうです。

高校は同志社
国際高校です。

高校在学中は学業を
優先して仕事を
控えていた
そうです。

高校での成績は
評定平均4.0以上
を維持していた
そうです。

日本語が母語で
高校まで英語が
話せなかった
そうです。

そのため帰国子女が
生徒の3分の2を占める
同志社国際高校に進学
したそうでネイティブ
の教師による
英語の授業を
受けたそうです。

授業は日本語
だったそうですが
週6回、ネイティブ
の先生による英語
の授業があった
そうです。

クラスにもネイティブ
の子がたくさん
いたそうで、
普段も英語で
会話をしたり、
クラスメートから
「日本語で
なんていうの?」
と聞かれて教え
合ったりする
こともあった
そうです。

高校3年生のクラス
分けでは一番
レベルが上の
ネイティブと
同じクラスに
入ったそうです。

父親の祖国である
ドイツには一度
は留学したいと
いう希望を
もっている
のだとか。

ドイツ語は2016年に
獨協大学が主催する
ドイツ語スピーチ
コンテストの対話
部門で1位となった
そうです。

中学校、高校の
6年間はほぼ
週末に東京で
仕事をしていた
そうで日曜日の夜
の新幹線で帰る
生活をしていた
そうです。

学業との両立に問題
はなかったそうです。

高校時代に一番
熱中したのは、
2年生の秋から
1年間取り組んだ
生徒会活動
だったそうです。

トラウデン直美は
会計長だった
そうです。

高校卒業後
慶應義塾大学
に進学しています。

大学受験の
直前に小論文
のために少し
だけ塾に
通ったそうです。

大学進学を
機に上京して
芸能活動を
本格化
させています。

2年間で必要
単位の3分の2
をとったそうです。

2021年7月には
CanCam専属
モデルの在籍
期間が山田優を
超えて、史上
最長を更新
しました。

最初から最長
更新は見据えていた
そうです。

専属モデルに
なったのが
13歳と最年少
記録も更新
していたことも
あったといいます。

大学院でさらに
学びたい気持ち
があるそうです。

トラウデン直美の家族構成は?

トラウデン直美の
家族構成は父親、
母親、トラウデン直美、
弟の四人家族です。

両親からは「勉強
しなさい」と
言われたことは
なかったそうで、
言われなくても
「勉強しなきゃ」
と自分で
していた
そうです。

小学校低学年
まで父親がドイツ語
の本を日本語で
解説しながら
読み聞かせを
してくれていた
そうです。

弟は3歳年下の
トラウデン都仁
なんだそうです。

モデルや
ミュージカル
主演の経験が
あるそうで、
番組では
トラウデン直美
と共演したこと
があるそうです。

まとめ

今回はトラウデン直美
の結婚、旦那、子供、
ハーフ、学歴、
家族構成について
まとめてみました。

またトラウデン直美
についてわかった
ことがありましたら
追記しますので
ご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!