高山俊の妻(嫁)が気になる!子供は?年俸がヤバい?

高山俊
今回は高山俊について
調べてみました。

高山俊は千葉県船橋市
出身のプロ野球選手です。

右投左打で阪神タイガース
に所属をしています。

2018年シーズン修了
時点で、明治大学時代に
達成した東京六大学野球
通算最多安打である
131安打のリーグ記録を
保持しています。

高山俊の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

高山俊は1993年
4月18日生まれ
2019年現在26歳
となります。

結婚しているのか
調べてみましたが
結婚はまだしていない
ようです。

なので子供もまだ
いません。

では彼女はいるの
でしょうか?

どうやら彼女もいない
ようです。

イケメンと言われているので
モテないわけはない
でしょうが…

2016年11月7日におはよう
朝日ですという番組にて
高山俊は「彼女はいないっす。
キレイな人がタイプ。
募集中です」と発言を
しています。

熱愛報道があると
騒がれるでしょうね。

高山俊の年俸がヤバい?

スポンサーリンク

高山俊は2015年の
ドラフト会議にて
阪神タイガースから
1位指名を受けて入団
をしました。

契約金として1億円
でした。

・2016年 1500万円

・2017年 4000万円

・2018年 3800万円

・2019年 3200万円

2019年は若手選手の台頭に
伴い、一軍に帯同するも
中々結果を残せずに
いましたが、5月29日の
読売ジャイアンツ戦にて
延長12回裏に一死満塁の
場面で代打で登場し、
サヨナラホームランを
放つなどの活躍が
ありましたので、
年俸もこれから更に
あがるでしょうね。

高山俊の学歴

スポンサーリンク

高山俊は船橋市立
飯山満小学校一年生の
時に実父とのキャッチ
ボールを地元の
少年野球チーム
「ホワイトビーストロング」
のコーチが見たことを
きっかけに同チームに
スカウトをされた
そうです。

ホワイトビーストロング
で本格的に野球を
始めるとメキメキと
頭角を表にして
いきます。

船橋市立七林中学校
進学後は、遊撃手や
投手として
「船橋中央シニア」で
プレーをします。

在学中には千葉県内の
陸上競技大会200メートル
走で4位に入ったことも
あります。

日大三高校に進学後、
1年生時の秋に一番
右翼手としてレギュラー
に定着すると、東京都
大会で打率.435を
記録しました。

2年春の選抜大会では
準優勝を経験してます。

3年には春夏ともに
甲子園に出場
しています。

夏の選手権大会では
通算打率.500で
チームの優勝に
貢献しました。

3年秋の山口国体でも
優勝を経験しています。

在学中には通算で
32本塁打を記録
しました。

高校卒業後は明治大学
進学をしました。

1年生から右翼・中堅の
レギュラーを確保する
とともに、3番打者に
起用されました。

東京六大学野球では
春季リーグ戦で
20安打を放った末に
打率.417でベスト
ナインに選ばれました。

2年時にはチームの
春季リーグ戦優勝に
貢献をしました。

秋季には自身2度目の
ベストナインに
選ばれました。

在学中にはベストナインを
6回受賞しています。

2015年のドラフト会議
にて阪神タイガースと
東京ヤクルトスワローズ
から1位指名を受けて、
抽選の結果阪神が
交渉権を獲得し、入団と
なりました。

高山俊の家族構成は?

高山俊の家族構成は
父親、母親、高山俊、
妹の四人家族
ようです。

父親は高山辰雄という
そうです。

サラリーマンの転勤族
として仕事に努めている
そうです。

奥さんとの出会いは
最初の赴任先だった
そうですが、結婚して
高山俊を出産した
後も何度も引っ越しを
したそうです。

母親は高山由美子
いうそうです。

母親は非常に子供の
しつけに厳しい人
だったそうです。

父親は転勤を繰り返し、
単身赴任生活もあった
ので、家庭にいる時間
が少なかったそうです。

そこで父親に代わり
自然に厳しい母親と
なったのだとか。

どれほど厳しかったのかと
いうと、子供時代に水泳
で良い成績が残せなかった
高山俊に「一人で歩いて
帰りなさい」と帰りは
車に乗せず、置いてけぼり
で放置するはどだった
そうです。

その他にも食事マナーや
片付け、礼儀作法など
責任をもって育てた
言います。

両親の教育方針のおかげで
比類なきメンタル面の
強さを手に入れたそうです。

両親は高山俊に対して
「何か特別なモノを
持っている気がします。」
と語っています。

まとめ

今回は高山俊の妻、
子供、年俸、学歴、
家族構成について
まとめてみました。

また高山俊について
わかったことがありましたら
追記しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする