城山正太郎の妻(嫁)が気になる!子供は?年収がヤバい?

城山正太郎
今回は城山正太郎に
ついてまとめて
みました。

城山正太郎は陸上
競技選手です。

株式会社ゼンリン
に所属しています。

北海道函館市出身です。

城山正太郎の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

城山正太郎は1995年
3月6日生まれ
2019年現在24歳と
なります。

結婚はまだしていません。

なので子供もいません。

では彼女はいるの
でしょうか?

どうやらこれまでに
熱愛報道などは
ないようです。

いるけど報道がない
だけという可能性も
ありますけどね。

城山正太郎の年収がヤバい?

スポンサーリンク

城山正太郎の年収は
公表されていないため
わかりませんでした。

参考までに陸上選手は
企業に所属する選手は
社員選手と契約選手
の2通りがあります。

社員選手は、配属先も
あり、通常は午前中
に働き、午後から練習
します。

大会期間中や大会が
近づくと仕事を免除
されますが、基本的
に仕事をしながら、
競技生活をサポート
してもらうという
パターンです。

それに対して、契約
社員は仕事をする
必要がありません。

企業のサポートを受け、
競技生活に専念
できますが、選手を
引退すると企業との
契約も切れます。

陸上競技の強い企業
は、契約選手が多いです。

社員選手の収入は、
同期社員と同等の
基本給+競技者
手当です。

基本給の額は企業に
よって違いますが、
いわゆる一般社員や
OLと同程度です。

就職1年目で年収
200万円~300万円
あたりとなります。

競技者手当ての額は、
成績によって変わります。

大きな大会で活躍する
選手は、競技手当ての
分だけ一般社員より
少し多いようです。

ただし、会社によっては、
社員選手の場合、競技者
手当てのないところも
あるようです。

契約社員の給料は、
基本給が社員選手
の基本給よりも
少し高くなっている
ところが多い
ようです。

また、大会で活躍した
ときの競技者手当てや
報酬金も、社員選手より
は多いようです。

企業によって差が
ありますが、
大きな大会で上位
入賞すれば、
数十万円の報酬金
が出されると
言われています。

城山正太郎の学歴

スポンサーリンク

城山正太郎の小学校は
函館南本通小学校です。

小学3年生の時に
兄の影響で陸上を
始めました。

少年団の函館CRS
に加入し、当初は
短距離でした。

中学校は函館本通
中学校となります。

高校は函館大有斗
高校となります。

高校1年生冬に100メートル
で芽が出なかったため、
走り幅跳びに転向しました。

高校3年時に総体北海道
予選で優勝しました。

高校卒業後はトップ選手
では珍しく東海大
北海道に進学しました。

感覚を優先する指導
方針の広川龍太郎
監督の下、素質が
開花し、2年時は
世界ジュニア
選手権で銅メダル
を獲得しました。

4年時に8メートルを
突破しました。

インカレで優勝も
果たしました。

卒業後も母校で後輩と
一緒に汗を流している
そうです。

冬場は雪が積もり陸上
にとっては不利な
条件もあります。

ライバルから「なぜ
北海道にいるの?」
と聞かれることも
あるそうです。

だが「今までの方法で
順調に伸びてきたから」。

そう自分を貫き、
成長してきました。

2016年リオ五輪は、
紙一重で逃しました。

代表選考を兼ねた
南部記念でした。

雨の中で標準記録を
3センチ上回る
8メートル15を
跳びましたが、
つま先がわずかに
ラインを越えて
ファウルとなりました。

広川龍太郎監督からは
「大学4年で五輪に
出てたら満足して
引退しちゃうぞ」
と言われ「そうですね」
とボソッとつぶやいた
そうです。

2017年4月に株式会社
ゼンリンに入社
しました。

2019年8月17日に福井県営
陸上競技場にて8メートル
40を跳び、優勝しました。

今季の世界ランキング
2位で、2016年リオ五輪
の優勝記録を上回る
衝撃的なジャンプ
でした。

その記録の40分前には
27年間破られなかった
森長正樹の8メートル25
橋岡優輝が8メートル
33を跳んで塗り替えた
ばかりでした。

城山正太郎の家族構成は?

城山正太郎の家族構成
父親、母親、兄、
城山正太郎の四人家族
のようです。

前述でも触れましたが、
城山正太郎は小学
3年生の時に兄である
城山光太郎の影響で
陸上を始めています。

まとめ

今回は城山正太郎の
妻、子供、年収、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また城山正太郎に
ついてわかった
ことがありましたら
追記しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする