関本賢太郎の妻(嫁)が気になる!子供は?年俸がヤバい?

関本賢太郎
今回は関本賢太郎に
ついてまとめて
みました。

関本賢太郎は奈良県
橿原市出身の元プロ
野球選手、野球
解説者、タレントと
なります。

1997年に天理高校から
阪神タイガースに入団
して以降19年間在籍
しました。

この年数は藤田平・
川藤幸三に並ぶ
球団歴代3位の長さ
となります。

関本賢太郎の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

関本賢太郎は1978年
8月26日生まれ
2019年現在41歳
となります。

2019年3月22日に
4歳年下の一般女性
と再婚しました。

関本賢太郎曰く
「明るく料理が
上手な気配りの
すごい人」なんだ
そうです。

この妻も再婚のようで、
当時5歳の男の子も
家族に加わった
そうです。

関本賢太郎も前の妻
との間に二人の
子供がいますが、
この二人も関本賢太郎
が引き取って5人
家族となったそうです。

結婚パーティーでは
息子2人がサプライズ
ムービーで祝福
してくれたそうです。

そもそも関本賢太郎が
離婚していたことを
知らなかったという
人が多く、関本賢太郎
が再婚を発表した
時には驚いた人が
多くいたようです。

関本賢太郎の子供は?

スポンサーリンク

前述でも触れましたが
関本賢太郎は自身の
子供二人と連れ子の
一人、計3人の子供
がいます。

関本賢太郎自身の
長男は履正社高校で
野球をしている
そうです。

名前は関本勇輔
といいます。

主将も務めている
そうです。

関本賢太郎の年俸がヤバい?

スポンサーリンク

関本賢太郎は1996年
のドラフト会議にて
阪神タイガースより
2位指名を受けて入団
しました。

契約金として7000
万円でした。

・1997年 500万円

・1998年 500万円

・1999年 520万円

・2000年 550万円

・2001年 550万円

・2002年 550万円

・2003年 1600万円

・2004年 1600万円

・2005年 3000万円

・2006年 3000万円

・2007年 5000万円

・2008年 5000万円

・2009年 8500万円

・2010年 8000万円

・2011年 7500万円

・2012年 7500万円

・2013年 7500万円

・2014年 5700万円

・2015年 6000万円

関本賢太郎の学歴

幼少期に生まれ故郷
である大阪府寝屋川市
から奈良県橿原市へ
転居、以降橿原市で
育ちました。

小学生時代は少年
野球チームの金橋
バッファローズに
在籍しました。

中学校では後にプロで
チームメイトとなる
中村泰広と同級生で、
当時所属していた
ボーイズリーグの
橿原コンドルには
同じくチームメイト
となる庄田隆弘
が1年先輩にいました。

天理高校に進学し、
3年時に1番二塁手と
して第78回全国高等
学校野球選手権大会
に出場しましたが、
2回戦で敗退
しました。

高校通算20本塁打
を放ちました。

そして1996年の
ドラフト会議にて
阪神タイガース
より2位指名を
受けて入団と
なりました。

関本賢太郎の家族構成は?

関本賢太郎の家族構成
を調べてみましたが
詳しい情報がなかった
ためわかりません
でした。

妻、子供については
前述で触れています
のでここでは数に
入れていません。

まとめ

今回は関本賢太郎の
妻、子供、年俸、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また関本賢太郎について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする