河野太郎と妻(嫁)との馴れ初めは?子供は?社会人時代は?

河野太郎
今回は河野太郎について
まとめてみました。

河野太郎は政治家です。

神奈川県生まれです。

河野太郎と妻(嫁)との馴れ初めは?

スポンサーリンク

河野太郎は1963年
1月10日生まれ
2020年現在57歳と
なります。

詳しい馴れ初めや
結婚した時期などは
不明ですが結婚
しています。

河野太郎の子供は
2002年に第一子
となる男の子が誕生
していますので、
少なくとも2002年
以前に結婚したと
思われます。

妻の名前は香という
そうで、群馬の名家
出身なんだそうです。

妻はオーストラリア
からの帰国子女で、
小学校5年生の時に
日本の小学校に
編入したそうです。

Twitterでは妻の
ことを「愛妻」と
呼んでいるそうです。

河野太郎の社会人時代は?

スポンサーリンク

河野太郎は1986年に
富士ゼロックスに
入社して、調査
統計部に配属された
そうです。

企画部に転じた後、
サテライト・オフィス
の実験を担当して、
日本初の本格的
サテライト・オフィス
と称された「志木
サテライトオフィス」
の立ち上げにも
関わったといいます。

国際事業部に転じた後、
シンガポールの富士
ゼロックスアジア
パシフィックで勤務
したそうです。

1993年に日本端子に
転じたそうです。

自動車や電機機器の
部品メーカーで開発
生産や海外輸出を
担当したそうです。

小選挙区比例代表
並立制の導入に伴い、
父親である洋平の
選挙区が分割された
ため、1999年の
第41回衆議院議員
総選挙に神奈川
15区から自民党
公認で立候補して
当選しました。

河野太郎の学歴

スポンサーリンク

河野太郎の小学校は
平塚市立花水
小学校です。

小学校時代はボーイ
スカウトに入団
していたそうです。

中学校は慶應義塾
中等部です。

中学校は一般受験で
合格しています。

陸上部に所属
して、主将を
務めていた
そうです。

高校は慶應義塾高校です。

高校は内部進学
でした。

高校でも陸上部に
所属して長距離走
に取り組んで、主将
を務めていた
そうです。

当時は大学に進学して
箱根駅伝に出場する
ことが夢だった
のだとか。

高校卒業後慶應義塾大学
経済学部に進学しました
が、2ヶ月で中退
しました。

直後に渡米して
マサチューセッツ州
のサマースクールや
コネチカット州の
寄宿学校のサフィールド
アカデミーに1年間
在籍して語学などを
学んだそうです。

19歳だった1982年
9月にジョージタウン
大学国際学部
進学しています。

現在は英語で公演が
できるほどなんだ
そうです。

大学では比較政学を
専攻しており、在学中
に交換留学生制度で
ポーランド中央計画
統計大学への留学も
経験したそうです。

卒業後は約10年間
の社会人生活を経て、
33歳の時に政治家に
転身しています。

河野太郎の家族構成は?

河野太郎の家族構成は
父親、母親、河野太郎、
弟、妹の五人家族です。

河野太郎の祖父は
副総理を務めた
河野一郎で、父親は
外務大臣などを
歴任した河野洋平です。

母親は東洋紡績会長
だった伊藤恭一の
長女なんだそうです。

参議院議長を務めた
河野謙三は大叔父
にあたるそうです。

弟は日本端子株式会社
代表取締役社長の
河野二郎です。

妻、子供については
前述で触れています
のでここでは数に
触れていません。

まとめ

今回は河野太郎の妻、
子供、社会人時代、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また河野太郎について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする