湯崎英彦と妻(嫁)との馴れ初めは?子供は?経歴がヤバい?

湯崎英彦
今回は湯崎英彦について
まとめてみました。

湯崎英彦は通産官僚、
実業家、経営コンサルタント、
政治家です。

第7代広島県知事、
アッカ・ネットワークス
創業者です。

広島県広島市佐伯区
出身です。

湯崎英彦と妻(嫁)との馴れ初めは?

スポンサーリンク

湯崎英彦は1965年
10月4日生まれ
2020年現在54歳と
なります。

結婚していますが、
いつ頃結婚したのかと
いうのは不明でした。

馴れ初めですが、
大学の卒業旅行で
北海道に行った時に
出会ったそうです。

妻は関西在住で、
結構なお嬢様学校に
通っていたといいます。

子供は2人男の子、
1人女の子がいる
ようです。

2010年10月19日、
予定される第3子誕生後
に、都道府県知事として
初の「育児休暇」を
取る意向であることが
報じられました。

第3子が誕生した
2010年10月26日に
最初の「育児休暇」
を取り、「イクメン」
首長の一人として
注目されましたが、
橋下徹から批判
されるなど、賛否両論
の反応がありました。

2010年11月29日の
県知事の定例記者会見
で、10月26日から
11月25日までの1ヶ月
の間に取得した育児休暇
は、計12日間でのべ
約20時間であったことを
公表し、育児の重要性を
PRする上での効果が
あったとの自己評価
示しました。

一連の「休暇」取得
終了後は、通常の
執務体制に戻しました。

「いきいきパパの育休
奨励金制度」という
中小企業向けの男性の
育休取得支援が、
湯崎英彦の育休宣言
以降申し込みが
倍増したそうで、
多くの人にインパクト
を与えたそうです。

庁内の反応は「ぜひ
取ってください」という
感じだったそうです。

湯崎英彦が勝手に決めて
いきなり宣言したわけ
ではなくて、取ると
したらどういう
形態が良いかや
取得期間については
相談して決めたそうです。

湯崎英彦の経歴がヤバい?

スポンサーリンク

湯崎英彦は1990年に
現在の経済産業省である
通産省に入省し、その後、
スタンフォード大学へ
留学しています。

日本へ戻った後、2000年
にアッカ・ネットワークス
を設立して、代表取締役
副社長に就任しました。

2009年に広島県知事
選挙に出馬して、
初当選を果たしました。

2013年、2019年の
広島県知事選挙にも
当選しています。

湯崎英彦の学歴

スポンサーリンク

湯崎英彦の小学校は
現在の広島市立
五日市南小学校と
なっている五日市
町立南小学校です。

中学校は広島大学
附属中学校です。

高校は広島大学附属
高校です。

高校在学時交換留学にて
米国カリフォルニア州
サクラメイトに1年間
留学しています。

高校3年生の時には
体育祭団長を
務めたそうです。

高校卒業後東京大学
法学部に進学して
卒業しています。

スタンフォード大学
経営学修了を取得
しています。

スタンフォード大学
時代の同級生には
岡山県知事の
伊原木隆太がいる
そうです。

湯崎英彦の家族構成は?

湯崎英彦の家族構成は
父親、母親、湯崎英彦
というのは分かりました。

兄弟の情報が
見当たらなかった
ことから恐らく
一人っ子だと
思われます。

父親は広島大学
総合科学部教授の
湯崎稔です。

妻、子供については
前述で触れています
のでここでは数に
入れていません。

まとめ

今回は湯崎英彦の
妻、子供、経歴、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また湯崎英彦について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする