福田充徳の妻(嫁)が気になる!子供は?年収がヤバい?

福田充徳
今回は福田充徳について
まとめてみました。

福田充徳はお笑い
タレントです。

お笑いコンビの
チュートリアルの
ツッコミを担当
しています。

相方は徳井義実です。

京都市左京区出身です。

吉本興業所属
となります。

福田充徳の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

福田充徳は1975年
8月11日生まれ
2019年現在44歳
となります。

2016年6月19日に
一般女性と結婚
しました。

妻は同い年でメガネを
かけていないアンジェラ
アキに似ているそうです。

結婚のプロポーズの場には
徳井義実がいて、その後押し
したのも徳井義実なんだ
そうです。

徳井義実はその様子を
「「人生80年とする
ならば、今40歳で半分
ですけど、残り半分の
人生、一緒に歩んで
いきましょう」って
アイツはアホみたいな
顔して…」とのこと。

2014年頃から交際を
開始したそうです。

相方の徳井義実は
福田充徳の妻について
「とても目鼻立ちが
ハッキリした美人な
方です。
人間的にもしっかり
されていますね」
語っています。

また、徳井義実は
イベントで一緒だった
指原莉乃と福田充徳
の妻を比べる場面も
ありました。

その際、指原莉乃とどちら
がキレイか問われると
「福田の嫁ですね。
福田の嫁がAKB48に
入ったら1位になる」
と即答しました。

福田充徳は嫁からは
「福子」と呼ばれている
そうです。

福田充徳の子供は?

スポンサーリンク

2017年12月5日に
福田充徳がツイッター
で第一子となる男の子
が生まれたことを報告
しました。

3096グラムで母子共に
健康だったそうです。

出産にも立ち会った
そうです。

福田充徳の年収がヤバい?

スポンサーリンク

福田充徳の年収を
調べてみると
7000万円近くある
と見られている
ようです。

レギュラー番組は
しゃべくり007など
4本あり、2010年には
「チュートリアル
福田充徳の家呑み
レシピ」という本も
出版しています。

今後の活躍により
更に年収はあがって
いくでしょうね。

福田充徳の学歴

福田充徳の小学校は
京都市立修学院
小学校です。

中学校は京都市立
修学院中学校です。

徳井義実もこの中学校
に通っていましたが、
クラスが同じに
なったのは中学2年生
の時だけでした。

部活動は行って
おらず、学習塾に
通っていたそうです。

高校は京都府立北稜
高校です。

徳井義実とは幼稚園から
の幼なじみで、小学校
から高校まで同じ
学校に通学していました。

高校時代は同じクラス
になったことはない
そうです。

高校でも部活動は
していなかったそうです。

当時の福田充徳は
お笑いにさほど
興味がなかった
そうです。

高校時代福田充徳と
徳井義実は非常に仲が
よかったそうです。

高校時代当時から
バイクが大好き
だったそうです。

高校時代には様々な
アルバイトを経験
したそうで、初めての
アルバイトは流し
そうめんを流す
アルバイトだった
といいます。

福田充徳に彼女がいた
そうですが、その
相手は中学時代に
徳井義実がフラれた
相手だったそうです。

高校卒業後は1年間
の浪人生活を経て
大阪学院大学経済学部
に進学しました。

徳井義実とは別々の
大学に進学しましたが、
非常に仲が良く、
予備校も自動車教習所
も一緒の学校でした。

大学時代は公務員を
目指していたそう
ですが、NSC出身の
徳井義実の話を聞く
内にお笑いの世界に
興味が出たといいます。

そのため大学時代に
徳井義実を誘って
お笑いコンビの結成を
持ちかけたそう
ですが、その時は
徳井義実が二の足を
踏んだことでコンビ
結成の話は流れた
そうです。

しかし大学4年生の時に
福田充徳は徳井義実に
再びお笑いコンビの
結成を持ちかけました。

徳井義実も当時はお笑いの
道に進むか社会福祉士を
目指すか悩んでいた
そうですが、福田充徳
の誘いに乗ってお笑い
コンビ「チュートリアル」
を結成しています。

1998年5月にデビュー
していますが、
福田充徳は大学を卒業
しています。

福田充徳の家族構成は?

福田充徳の家族構成は
父親、母親、兄、
福田充徳の四人家族です。

両親は共に公務員
でした。

そのため福田充徳は
子供の頃から将来は
公務員になれと
言われていたそうです。

兄は4歳年上だそうです。

妻、子供については
前述で触れています
のでここでは数に
入れていません。

まとめ

今回は福田充徳の
妻、子供、年収、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また福田充徳について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする