岡田圭右の妻(嫁)が気になる!子供は?元妻(元嫁)との離婚理由がヤバい?

岡田圭右
今回は岡田圭右について
まとめてみました。

岡田圭右はお笑いタレントです。

ますだおかだのツッコミ
担当ですが、一発ギャグ
でボケることもあります。

相方は増田英彦です。

大阪府大阪市中央区
松屋町出身です。

松竹芸能所属となります。

岡田圭右の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

岡田圭右は1968年
11月17日生まれ
2019年現在51歳と
なります。

2019年11月24日に
30代の一般女性と
再婚することが
わかりました。

交際1年弱での再婚と
なります。

後述でもあげますが
元妻でタレントの
上嶋祐佳と2017年
11月に離婚してから
2年たち、その間、
交際の噂はありません
でした。

現在の妻とは2018年
頃に共通の知人の
紹介で知り合った
そうです。

しばらく友人関係が
続き、その後、交際に
発展したそうです。

周囲には「一緒にいると
楽しい」「とにかく気が
合うねん」などと
明かしているそうです。

現在の妻との間には
子供はいないようです。

岡田圭右の子供は?

スポンサーリンク

岡田圭右は元妻である
上嶋祐佳との間に
二人子供がいます。

1998年1月20日に
第一子となる
男の子が誕生
しています。

俳優として活躍している
岡田隆之介です。

2000年4月15日には
第二子となる
女の子が誕生
しています。

タレントとして活躍
している岡田結実です。

岡田圭右と元妻(元嫁)との離婚理由がヤバい?

スポンサーリンク

岡田圭右は1995年
11月7日に同期の
元お笑いコンビの
「-4℃」の上嶋祐佳
と結婚しました。

ですが2017年に
離婚しています。

離婚する前に別居しており
きっかけは上嶋祐佳曰く
「彼が2年前に突然、私
と息子、娘の3人を
置いて、家を出たこと
がはじまり」だそうで、
その後「一方的に
「別れたい」と言われ」
と言われたそうです。

離婚という選択を子供たち
に聞いたところ「よかった
じゃん!」と喜んだそうで、
「家族だと思っていたのは
ママだけ」とも指摘
されたのだとか。

更に別離の理由とも
報じられていた
上嶋祐佳の芸能界
復帰に関しては
岡田圭右が出ていった
ため「生活のために、
働かざるを得なかった」
といいます。

岡田圭右は離婚理由
について「夫婦の役割
についてお互いに
不満がたまって…」
とのこと。

岡田圭右の学歴

岡田圭右の小学校は
大阪市立中大江
小学校です。

中学校は大阪市立
東中学校です。

高校は大阪府立
港高等学校です。

子供の頃からスポーツ
が得意で、野球は
リトルリーグで活躍
するほどの腕前で、
後にプロ野球で
活躍する清原和博とも
対戦経験がある
そうです。

高校時代は部活動は
行っていないそう
ですが、端正な顔立ち
からかなりモテた
ようです。

当時からお笑いは
大好きだったようで、
高校の文化祭では
モノマネを披露して
大いにウケたそうです。

高校卒業後1年間の
浪人生活を経て
関西外国語大学
短期大学部
英米語学科
進学し、卒業後
には大阪外語
専門学校を卒業
しています。

現役、浪人あわせて
13校の受験に失敗した
そうです。

予備校の試験にも
落ちたのだとか。

唯一合格した短大に
進学したそうです。

1993年に増田英彦の
説得に応じてコンビを
結成し松竹芸能
養成所に入学しました。

関西外国語大学短期
大学部在学中に
二人が出会い、
増田英彦がコンビ
結成を持ちかけた
そうです。

学園祭で増田英彦と
コンビを組んで
漫才を披露したことが
きっかけで松竹芸能に
スカウトされましたが、
岡田圭右が難色を
示したことから
一旦は諦めています。

しかし3年半かけて
岡田圭右を説得して
コンビを結成した
といいます。

岡田圭右が断ったこと
から二人とも9ヵ月
サラリーマンを
していました。

岡田圭右は文房具メーカー
「クツワ」に営業マン
として9ヶ月勤務
していました。

サラリーマン生活に飽きて
漫才師になることを
決意したそうです。

英検2級と商業英語
C級を持っています。

岡田圭右の家族構成は?

岡田圭右の家族構成は
父親、母親、岡田圭右
の三人家族のようです。

父親が文房具屋、喫茶店、
パン屋、駄菓子屋など
の商売をやっていた
そうです。

妻、子供については
前述で触れていますので
ここでは数に入れて
いません。

まとめ

今回は岡田圭右の
妻、子供、元妻との
離婚理由、学歴、
家族構成について
まとめてみました。

また岡田圭右について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする