釜元豪の妻(嫁)が気になる!子供は?年俸がヤバい?

釜元豪
今回は釜元豪について
まとめてみました。

釜元豪は長崎県北高来郡
森山町(現在の諫早市)
出身のプロ野球選手と
なります。

右投左打で福岡ソフトバンク
ホークス所属となります。

釜元豪の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

釜元豪は1993年9月3日
生まれの2019年現在
25歳となります。

2018年9月24日に一般女性
と結婚をしました。

何でも高校時代から
釜元豪のことを支えてくれた
人なんだとか。

7年愛を実らせての
結婚となったようです。

「芯がとてもしっかりした女性。
食事面など、本当にいろいろ
サポートしてくれます」と
妻について語っていました。

子供はまだいない
ようです。

釜元豪の年収がヤバい?

スポンサーリンク

釜元豪は2011年のドラフト
会議にて福岡ソフトバンク
ホークスから育成ドラフト
1位で入団をしました。

仕度金として300万円
でした。

・2012年 270万円

・2013年 270万円

・2014年 270万円

・2015年 270万円

・2016年 600万円

・2017年 600万円

・2018年 600万円

・2019年 600万円

着実に成績をあげてきている
のでまだまだこれから
年俸はのびていく
でしょうね。

1軍昇格をして活躍を
してほしいとこですね。

釜元豪の学歴

スポンサーリンク

釜元豪は諫早市立森山
小学校では2年生から
森山西少年SBCで
ソフトボールを始め、
4年生からレギュラーと
なりました。

諫早市立森山中学校
進学し、軟式野球に
転向をしました。

2年生の時には陸上競技の
長崎県大会で短距離の
障害種目にも出場を
しています。

50m走のタイムが6秒0の
俊足は昔から健在だった
ようですね。

長崎日大高校から誘いが
あったそうですが、
「文武両道を貫く」と
長崎県立西陵高校
進学し、1年夏から
3番、中堅手で活躍を
しました。

甲子園口出場経験は
ありません。

西陵高校では難関国立大学を
目指すクラスに所属するなど
学業の成績も良く広島大学を
志望し、小学校教諭になり
子供にソフトボールを
教えるのが夢だった
そうです。

2011年10月27日のドラフト
会議にて福岡ソフトバンク
ホークスから育成1位指名を
受けて入団となりました。

ソフトバンクホークス、
中日ドラゴンズ、
広島カープ、日本ハム
ファイターズが興味を
持っていたようです。

そこで福岡ソフトバンク
ホークスが育成1位で
指名をしました。

通常ドラフトで指名されず、
報道陣に対し、
「受験勉強して、大学に
入って野球をしたい」
語っていました。

しかしその直後育成枠で
指名をされると
「普通のドラフトで指名
されなくて落ち込んで
いたが、それでも挑戦
したい気持ちになった」
とプロ入りを決意した
ようです。

ちなみに釜元豪は長崎県人
として、初の県立普通校
からのプロ野球選手
なったそうです。

釜元豪の家族構成は?

釜元豪の家族構成を
調べてみましたが、
これといった情報は
ありませんでした。

少なくとも父親、母親、
釜元豪という構成とは
思います。

もう少し活躍して有名に
なれば家族との
エピソードなどが
出てくるでしょうね。

ちなみに釜元豪は料理が
得意なようで、そのため
チームメイトの塚田正義
からは「あいつ、いい
奥さんになるっすよ」
と言われているようです。

もしかすると母親から
習っていたのかも?

まとめ

今回は釜元豪の妻、子供、
年俸、学歴、家族構成に
ついてまとめてみました。

また釜元豪のことについて
わかったことがありましたら
追記しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする