伊藤雅雪の妻(嫁)が気になる!子供は何人?年収がヤバい?

伊藤雅雪
今回は伊藤雅雪について
調べてみました。

伊藤雅雪はプロボクサーです。

本名は伊藤雅之
(よみかた同じ)
となります。

東京都江東区出身
となります。

横浜光ボクシング
ジム所属です。

第42代MPBF東洋太平洋
スーパーフェザー級
王者で、元WBO世界
スーパーフェザー級
王者となります。

伊藤雅雪の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

伊藤雅雪は1991年
1月19日生まれ
2019年現在28歳と
なります。

伊藤雅雪は結婚をしており、
名前は衣理香さん
いうそうです。

交際を開始したのは
中学生の時なんだそうです。

結婚したのは2013年
のようで、その時はまだ
伊藤雅雪が大学に
通っている最中で、
結婚式をあげたのは
2017年だったそうです。

結婚当時、伊藤雅雪は
ボクサーとしてまだ有名
ではなかったため、
伊藤雅雪にとっては
結婚というのは大きな
賭けだったのかも
知れないですね。

伊藤雅雪の子供は何人?

スポンサーリンク

伊藤雅雪には子供が
二人いるそうです。

二人とも女の子で
長女の名前が
愛音(あのん)ちゃんで、
次女の名前が愛海
(あいみ)ちゃん
いうそうです。

伊藤雅雪のSNSには度々
愛する子供が登場しており、
伊藤雅雪はイクメンの
ようですね。

結婚当時は学生結婚でしたが、
プロボクサーとして
成功した今は普通に
生活しているようですね。

ちなみに伊藤雅雪は
大学卒業後、一般企業に
サラリーマンとして
入社したこともある
そうなので、プロボクサー
として活躍が出来なくなった
としても家族を責任持って
育てる気持ちが強い
のだと思います。

とても家族を大切にしている
こともSNSなどでわかります。

伊藤雅雪の年収は?

スポンサーリンク

伊藤雅雪の年収を調べて
みましたが当然ですが
公表はされていません
でした。

ほとんどのボクサーは
ファイトマネーだけでは
生活が出来ないため、
他に仕事をしたり
アルバイトをしている
そうです。

ボクサーの大体の年収は
A級ボクサーでも200万円
以下、B級ボクサーで
150万円以下、C級
ボクサーで50万円以下
なんだそうです。

伊藤雅雪はA級ボクサー
になるでしょう。

ファイトマネーの
相場を見てみると
世界タイトルマッチが
2000万円~で、
日本タイトルマッチが
数十万円~数百万円
A級ライセンス
(8回戦以上)が15万円~
で、B級ライセンス
(6回戦)が10万円、
C級ライセンス
(4回戦)が6万円
となっています。

ここからマネジメント料
として33%が引かれる
ので選手の手取りは
67%となります。

伊藤雅雪は世界タイトルマッチ
もしているので、総額の
年収は1000万円ほどは
あるのではないでしょうか。

伊藤雅雪の学歴

伊藤雅雪は駒沢大学
高校出身のようです。

高校時代はボクシング
ではなく、バスケット
ボール部でバスケット
ボールに夢中だったそうです。

大学は駒沢大学でした。

スポーツ推薦で進学
しています。

ボクシングではなく
バスケットボールでの
スポーツ推薦だった
そうです。

大学在学中にバスケットボール
をやめて、ボクシングに
転身したそうです。

高校三年生のインターハイ
予選で敗退し引退すると、
中学時代からK-1好きで
魔裟斗に憧れていた
伊藤雅雪は両親に
格闘技を習うことを
反対されながらも、
月謝は自分で払うからと
ボクシングジムに
入門をしたそうです。

当初はプロライセンス
取得が目的で試合を
するつもりはなく、
プロライセンスを
持っていればカッコいい
かなというくらいの
軽い気持ちだった
そうです。

ジム入門から7ヶ月、
駒沢大学在学中の2009年
5月26日にプロデビュー
を果たしています。

プロ2戦目のわずか一週間前、
原付バイクを運転中に
居眠り運転の車に追突され、
一命は取り留めましたが、
右足首、腰、両手を
骨折してしまいます。

担当医からは
「ボクシングは難しい」
と引退勧告を受けた
こともあるそうです。

そんなこともありながら
ここまで活躍するのは
本当にすごいこと
ですね。

ハングリー精神が
強いのかも知れない
ですね。

伊藤雅雪の家族構成は?

伊藤雅雪の家族構成に
ついて調べてみました。

両親に格闘技を習うことを
反対されたとあったので
父親、母親、伊藤雅雪
という構成は間違いない
でしょう。

兄弟の有無ですが、
兄弟とのエピソード
などなかったので、
一人っ子なのかも
知れないですね。

まとめ

今回は伊藤雅雪の
妻、子供、年収、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また伊藤雅雪について
わかったことがあったら
追記しますので
ご覧下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする