池井戸潤の妻(嫁)が気になる!子供は?元銀行員だった?

池井戸潤
今回は池井戸潤について
まとめてみました。

池井戸潤は小説家です。

岐阜県出身です。

池井戸潤の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

池井戸潤は1963年
6月16日生まれ
2020年現在57歳と
なります。

結婚や子供について
調べてみましたが
情報が見当たりません
でした。

結婚して子供がいる
にしても非公開に
しているのか、
もしくは独身だと
思われます。

池井戸潤は元銀行員だった?

スポンサーリンク

池井戸潤は大学卒業後
の1988年に三菱銀行
(現在の三菱東京UFJ
銀行)に入行しました。

1995年、32歳の時に
三菱銀行を退職して
コンサルタント業の
かたわら、ビジネス書
の執筆や税理士、
会計士向けのソフト
の監修をしていた
そうです。

銀行に入ってすぐに
「合わない」と感じ、
最初から「いつか
辞めよう」と思っていた
そうです。

それでも7年間勤めたのは
中小企業向けの融資と
いう仕事そのものは
面白かったからなんだ
そうです。

ヒラから役付きへの
昇格のタイミングの
後で退職すると、
自分を推薦してくれる
上司に迷惑がかかって
辞められなくなると
思い、その前に銀行を
退職したそうです。

ビジネス書の執筆業は
順調だったそうですが、
テーマが限られている
ことから将来に不安を
感じ始め、夢だった
江戸川乱歩賞を
目指し始めたそうです。

最終選考での1度の
落選を経て、1998年
に作家デビュー
しています。

池井戸潤の学歴

スポンサーリンク

池井戸潤の小学校は
八百津町立久田見
小学校です。

小学校2、3年生の時に
父親から本を買って
もらったことが
思い出だそうです。

小学校時代は江戸川乱歩
の作品に熱中しており、
漠然とミステリー作家
に憧れていますが
後に実現させています。

中学校は現在は閉校と
なっている八百津町立
久田見中学校です。

高校は岐阜県立
加茂高校です。

高校時代はかなりの
小説を読んでおり、
気に入っていたのが
庄司薫の作品だった
そうです。

高校卒業後慶應義塾大学
文学部に進学しています。

大学では「推理小説
同好会」に所属しており、
他の部員の影響で
海外のミステリー小説
を読むようになっています。

また大学時代はラグビー
観戦に熱中しており、
早慶戦では友人と
旗を振って応援した
のだとか。

大学時代から小説を
執筆していたそうです。

慶應義塾大学
文学部を卒業した
後に慶應義塾大学
法学部に学士
入学して、こちらも
卒業しています。

法学部の在籍は
大学3、4年生のみ
になるので、トータル
で6年間慶應義塾大学
に通学しています。

法学部を卒業した
1998年に三菱銀行
(現在の三菱東京UFJ
銀行)に入行しています。

銀行員時代は融資を
担当していたそうです。

池井戸潤の家族構成は?

池井戸潤の家族構成は
父親、母親、池井戸潤、
弟の四人家族です。

父親も読書好きで、
実家の壁一面には
本棚があるそうです。

父親はアマチュア
詩人でもあり、
自作の散文詩を
応募して入賞したり
していたとのこと。

表現者は世に出る
までが大変で、
出てしまえば
なんとかなるが
口癖だったそう
ですが、池井戸潤
が実際にその立場に
なってみると、
どう生き残るかの
ほうが何倍も難しい
ことを知った
いいます。

まとめ

今回は池井戸潤の
妻、子供、元銀行員、
学歴、家族構成について
まとめてみました。

また池井戸潤について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする