吉川尚輝の妻(嫁)が気になる!子供は?年俸がヤバい?

吉川尚輝
今回は吉川尚輝について
まとめてみました。

吉川尚輝は岐阜県
羽島市出身の
プロ野球選手です。

右投左打で読売
ジャイアンツ所属
となります。

吉川尚輝の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

吉川尚輝は1995年
2月8日生まれ
2019年現在24歳と
なります。

結婚はまだしていません。

なので子供もいません。

後述でも触れますが
兄がいて、その兄は
結婚をしている
ようです。

では彼女はいるの
でしょうか?

一部で「彼女 ゆり」
や「彼女 蕎麦屋」
とのようなワードが
出てきますが、
なぜこのようなワード
が出てくるのかと
いうのは謎のようです。

ファンの間では吉川尚輝
のイケメンぶりが
話題になっている
ので、今までに彼女が
いなかったという
ことはないとは
思いますが…

吉川尚輝の年俸がヤバい?

スポンサーリンク

吉川尚輝は2016年の
ドラフト会議で
読売ジャイアンツから
1位指名を受けて入団
をしました。

契約金として1億円
でした。

・2017年 1500万円

・2018年 1300万円

・2019年 2800万円

吉川尚輝の学歴

スポンサーリンク

吉川尚輝は小学校から
軟式野球を始め、
中学校では父親が
監督を務める
羽島フジクラブ
(現在の岐阜南ボーイズ)
にて硬式野球を
始めました。

中学校は桑原中学校
となります。

中京高校では1年夏から
三塁手のレギュラーに
定着し、秋からは
遊撃手を務めました。

甲子園出場経験は
ありません。

卒業後は中京学院大学
に進学をし、1年春から
リーグ戦に出場し、
秋にベストナインを
受賞しました。

4年春には第65回
全日本大学野球
選手権大会に出場し、
中京学院大学は
初出場で優勝
しました。

同年に開催された
第40回日米大学野球
選手権大会の日本
代表にも選出
されました。

そして2016年のドラフト
会議にて読売ジャイアンツ
から外れ外れ1位指名を
受けて入団となりました。

中京学院大学
初のドラフト1位選手
となりました。

吉川尚輝の家族構成は?

吉川尚輝の家族構成は
父親、母親、兄二人、
吉川尚輝の五人家族
のようです。

実家は吉川養鶏という
養鶏農家で、たまごを
拘りをもって大切に
育てているそうです。

吉川尚輝がいつも
卵が大好き
語っているのは
実家にあるようですね。

目玉焼き、スクランブル
エッグ、オムライス
なんでも好きで、
ゆで卵は1日で多い
時には8個食べたことも
あるそうです。

昔から毎日沢山
食べていたので、
卵がないと物足りない
そうです。

吉川尚輝の兄夫婦が
「たまご屋さんの
COCOCOPURIO」
というお店を経営
しているそうです。

店内ではプリンや
シフォンケーキなど
卵を使ったお菓子を
はじめとするメニュー
が並んでいるそうです。

テレビでも特集
されたことも
あるようです。

店内には吉川尚輝の
サインも飾ってある
そうです。

お店を開業した理由は
ひび割れなどで販売
できる規格に添えなかった
美味しい卵がたくさん
あるので、それで
お菓子を作って販売
したいからだった
そうです。

吉川尚輝の父親は
元社会人野球の選手で、
その前は岐阜商業高校
から1976年夏の
甲子園に1番センター
で出場したそうです。

吉川尚輝の母親は
バレーボールの選手
だったそうです。

今でもママさんバレー
をしているそうですが、
吉川尚輝が子供の頃には
ママさんバレーについて
行っていたそうです。

吉川尚輝はどのくらい
歳が離れているのか
わかりませんが
歳が離れている兄が
二人いるそうです。

子供の頃はよく
兄にくっついて
遊びに行っていた
そうです。

歳が離れている
だけに優しいそうで、
ご飯の時には
「尚輝食べな」と
色々譲ってくれた
そうです。

まとめ

今回は吉川尚輝の
妻、子供、年俸、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また吉川尚輝について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする