梅野隆太郎の妻(嫁)が気になる!子供は?年俸がヤバい?

梅野隆太郎
今回は梅野隆太郎
についてまとめて
みました。

梅野隆太郎は福岡県
那珂川市出身の
プロ野球選手です。

阪神タイガースに
所属をしています。

梅野隆太郎の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

梅野隆太郎は1991年
6月17日生まれ
2019年現在28歳
となります。

2017年3月21日に
結婚しており、
結婚記念日は
梅野隆太郎が
小学生の頃に
亡くなった母親の
誕生日でもあり、
感謝の気持ちを
込めてこの日を
選んだとコメント
しています。

妻は福岡県出身の
一般女性と発表
されていますが、
名前や顔については
公表されていません。

ただ、梅野隆太郎より
2つ上で、梅野隆太郎
が大学生の時に知人
の紹介で知り合って
交際に発展をした
そうです。

妻は結婚する前は
美容師をしていた
そうですが、今では
梅野隆太郎をサポート
するために
「アスリートフード
マイスター」の資格
を取り家庭を支えている
そうです。

子供はまだいない
ようです。

梅野隆太郎の年俸がヤバい?

スポンサーリンク

梅野隆太郎は2013年の
ドラフト会議にて
阪神タイガースから
4位指名を受けて入団
しました。

契約金として5000万円
でした。

・2014年 840万円

・2015年 1800万円

・2016年 1500万円

・2017年 1350万円

・2018年 2600万円

・2019年 5000万円

梅野隆太郎の学歴

スポンサーリンク

梅野隆太郎は小学校
2年生の時に父親が
コーチを務める少年
野球チーム「片縄
ビクトリー」に
入団しました。

当初は外野手でしたが、
4年生から捕手に転向
しました。

中学生時代には
「那珂川シャークス」
に所属し2005年、
2006年に春季
ジャパンリーグで
2年連続優勝を
果たすなど「4番・捕手」
としてチームを数々の
大会で優勝に導きました。

高校は福岡工大城東
高校で、特待生待遇で
入学しました。

1年生の夏からベンチ
入りし、2年生の夏
まで再び外野手として
プレーをしました。

2年生の秋からは、
捕手へ復帰すると
ともに主将を務めました。

高校通算本塁打は
24本でした。

高校3年生秋のドラフト
会議で指名される
可能性もありましたが、
「下位指名でプロ野球
に入れたとしても、
身体もできていないし
勝負できない」という
理由で地元の福岡大学
への進学を決めました。

福岡大学への進学後は
1年生の春から九州六
大学野球のリーグ戦へ
出場しました。

3年生からは主将を
務めていました。

4年夏には第39回
日米大学野球
選手権大会の日本代表
に選出され、ここでも
主将を務めました。

そして2013年のドラフト
会議にて阪神タイガース
から4位指名を受けて
入団となりました。

梅野隆太郎の家族構成は?

梅野隆太郎の家族構成は
父親、梅野隆太郎、
弟の三人家族
ようです。

母親は梅野啓子と
いいますが、
亡くなっています。

「隆太郎をプロ野球
選手にして下さい」
というのが遺言だった
そうです。

若くして亡くなって
しまった母親との約束
を果たすため、内装業
をしながら男手一つで
息子二人を育てた
父親の名前は梅野義隆
といいます。

このエピソードは
ドラフト直後に
テレビでも放送
されたので有名ですね。

約束を見事果たせた
のは親子二人三脚
での相当な努力が
あったのでしょうね。

息子にはよくちりめんと
納豆を食べさせていた
そうです。

父親は再婚していない
ようです。

弟は梅野啓といいます。

梅野隆太郎の2つ下
のようです。

幼い頃は梅野隆太郎
と野球をしていた
そうですが、現在も
野球をしているのか
というのはわかりません。

姉がいるとのような
噂がありますが
これはデマの情報で
姉はいません。

まとめ

今回は梅野隆太郎の
妻、子供、年俸、
学歴、家族構成について
まとめてみました。

また梅野隆太郎について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする