佃典彦の妻(嫁)が気になる!子供は?演劇を始めたきっかけは?

佃典彦
今回は佃典彦について
まとめてみました。

佃典彦は劇作家、
演出家、俳優です。

愛知県名古屋市
生まれです。

佃典彦の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

佃典彦は1964年
生まれの2021年
現在57歳と
なります。

結婚している
そうですが、
いつ頃結婚
したのかや、
妻についての
情報は見当たりません
でした。

子供は女の子が
一人いるそうで、
そのことから
中学校でPTA会長を
しているのだとか。

佃典彦が演劇を始めたきっかけは?

スポンサーリンク

佃典彦が演劇を始めた
きっかけですが、
中学校、高校までは
剣道部に入っていた
そうです。

大学は商学部で
演劇とは関係なかった
そうですが、友達が
演劇部に入るという
ので一緒に学内
サークルの劇団の
部室に見学に行った
といいます。

そうすると先輩たち
が少ししかいなくて、
部員がほしいから
大歓迎してくれた
そうです。

それで、つい、じゃあ
入ろうかとなった
そうです。

佃典彦はそもそも
役者をやりたかった
そうで、大学4年生の
時に就職が内定していた
にも関わらず、
「劇団員募集は
ありますか」と
劇団に電話をした
そうです。

ですが「ありません」
と言われて電話を
きったそうです。

その後「もう、就職
なんかしてる場合
じゃない」と考えた
そうです。

内定先の会社に断り
を入れて大学を留年
したそうです。

親に「就職をやめて
芝居する」と言うと
母親は反対した
そうですが、父親は
応援してくれた
そうです。

「25歳までに名古屋
でお客さんを1000人
動員して、東京公演を
実現する」と言って、
芝居をやらせてくれる
ように頼んだそうです。

25歳の時に名古屋で
1500~1600人くらい
動員したそうです。

B級遊撃隊を旗揚げして
その頃は本気で
「名古屋の演劇界を
変える」と思っていた
といいます。

当初は男6人くらい
だったそうです。

1989年に東京に
進出しています。

1987年に名古屋市
文化振興賞を受賞した
そうです。

賞をもらってからは
親が「芝居頑張りなさい」
と応援してくれるように
なったそうです。

佃典彦の学歴

スポンサーリンク

佃典彦は小学校
6年生の時の卒業
アルバムに
「将来は役者に
なりたい」と
書いたそうです。

小学生の頃、
学芸会で「セリフの
言い方がとっても
上手、みんなも
佃君のようにセリフ
を言いなさい」と
先生に褒められた
といいます。

しかし、役者になりたい
と思っているだけで、
中学校、高校は
剣道部に所属していた
のだとか。

大学は名城大学
商学部に進学
して1年留年して
卒業しています。

大学を卒業するまでは
地元である名古屋を
離れたことはなかった
そうです。

大学4年生の時に
おもちゃ会社から
就職内定がでた
そうですが、芝居
を諦めきれず、
内定を辞退させて
ほしいと親に
頼み込んだと
いいます。

母親は反対した
そうですが父親は
「自分も絵の勉強を
したかったのに、親
に反対されてできず、
悔しかった」と応援
してくれたそうです。

B級遊撃隊を
旗揚げしたのは
大学5年生の時です。

B級遊撃隊の名前の
由来はB級というのは
早い段階で決まっていた
そうです。

佃典彦がいくつか
候補を挙げて、
これがいいねと
いう風になった
そうです。

B級は決めていた
そうです。

脚本を書き始めた
きっかけは、大学
2年生の時にジャンケン
で負けたことから
なんだそうです。

名古屋の大学の中で
一番になって
やろうと思った
そうです。

2020年11月から
ジャパン・ミュージック
エンターテインメント
に所属しています。

佃典彦の家族構成は?

佃典彦の家族構成は
父親、母親、佃典彦
というのはわかりました。

兄弟の情報が
見当たらなかった
ことから恐らく
一人っ子だと
思われます。

子供の頃は名古屋市内
にある6畳1間の
アパートに住んでいた
そうです。

父親は建築の仕事を
していたそうですが、
年に1、2回、図面を
ひくくらいで、
後は朝から晩まで
テレビを見ていた
といいます。

時代劇や吉本新喜劇、
松竹新喜劇を見ていた
そうで、佃典彦も
良く見ていたと
いいます。

母親は着物の
洗い張りや
仕立ての仲介業
で働いていた
そうです。

妻、子供については
前述で触れています
のでここでは数に
入れていません。

まとめ

今回は佃典彦の妻、
子供、演劇を始めた
きっかけ、学歴、
家族構成について
まとめてみました。

また佃典彦について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする