竹内まりやの旦那(夫)はあの人!子供は?年収がヤバい!

竹内まりや
今回は竹内まりやに
ついてまとめて
みました。

竹内まりやはシンガー
ソングライター、
ミュージシャンと
なります。

通称「シンガーソング
専業主婦」です。

所属レコード会社は
ワーナーミュージック・
ジャパンとなります。

所属事務所はスマイル
カンパニーです。

島根県簸川郡大社町
出身です。

竹内まりやの旦那(夫)はあの人!

スポンサーリンク

竹内まりやは1955年
3月20日生まれ
2019年現在64歳
となります。

1982年4月に
山下達郎と結婚
しています。

元々同じ事務所出身
であることが出会い
のきっかけだった
そうです。

山下達郎が先輩だった
そうです。

竹内まりやは元々
山下達郎のファン
だったようです。

当時駆け出しの竹内まりや
に来る仕事は音楽と
関係のない仕事ばかり
だったそうです。

「芸能人運動会みたいな
番組に出て悩んで行き
詰まったときに、
いろいろと相談に乗って
くれたのが、結婚に
至ったきっかけ」
とのこと。

山下達郎は竹内まりや
と初めて会った時には
運命のようなものを
感じたそうです。

そしてお互い何となく
「一緒になろうか…」
みたいな感じで
結婚の準備を進めた
そうです。

夫婦仲は非常に
良いそうです。

竹内まりやの子供は?

スポンサーリンク

竹内まりやは1984年に
第一子となる女の子
を出産しています。

名前や顔画像などは
なく詳細は不明でした。

山下達郎がチラっと
子供について語ってます。

「ウチの娘が中学のとき、
学校で「両親について、
ひとこと書く」って
いうのがあって。
そのとき娘が書いた
のが「ウザイけど、
ときどき使える」って
いう(笑)。
これ、なかなか名言
だと思いますよ」
とのこと。

年齢的に結婚して
家庭を築いている
のかも知れないですね。

竹内まりやの年収がヤバい!

スポンサーリンク

竹内まりやの年収は
推定5000万円
見られているようです。

印税が主のようで、
他の収入として
現在も定期的に
コンサートを
開いているそうです。

また、楽曲提供も
行っているという
ことで、収入源を
いくつか持っている
ようです。

更に竹内まりやの
資産は50億円を
超えているそうです。

竹内まりやの資産に
ついてはこのように
言われています。

「竹内さんはご主人の
山下達郎さんとの
共同資産ですが、
早くから個人事務所
を設立して印税管理
をしたため、資産は
50億円に上ると
言われています。
ジャニーズとの太い
パイプも少なからず
資産形成にプラス
だったでしょう。」
とのこと。

竹内まりやの学歴

竹内まりやの小学校
はわかりません
でしたが、小学生
の頃から英語を
勉強していた
そうです。

また幼い頃からピアノ
を習っていましたが、
演奏するよりも
歌うほうが好きだった
と語ってます。

中学校は大社町立
(現在は出雲市立)
大社中学校となります。

高校は大社高校
なります。

高校時代には交換
留学生制度で、
アメリカ・イリノイ州
のロックフォールズ・
タウンシップ・
ハイスクールに
1年間留学してます。

当初はミュージシャン
ではなく、外国の
ミュージシャンに
インタビューする
人になりたかった
そうです。

高校卒業後は
慶應義塾大学
文学部英文学科
に進学して
中退しています。

文学部英文学科に
在籍して得意の
英語を学ぶとともに、
大学の音楽サークル
にも所属しました。

また大学時代に
ミュージシャンの
杉真理のバンド
「ピープル」に
加入して、キーボード
とコーラスを担当
しました。

ですがバンド活動に
熱中し過ぎて大学は
留年しています。

中退した時期は不明
でした。

竹内まりやの家族構成は?

竹内まりやの家族構成は
父親、母親、兄二人、
姉二人、竹内まりや、
妹の八人家族
ようです。

旦那と子供は前述で
触れていますので
ここでは数にいれて
いません。

実家は1877年創業の
老舗旅館、竹野屋旅館
となります。

父親は実業家、元大社
町長である竹内繁蔵
となります。

世界で通じるようにと
父親の考えから
「まりや」と
名付けられました。

母親については
詳細は不明でした。

長男は竹内信夫
いい、5代目亭主と
なったようです。

ただ、現在の亭主は
一番上の姉の娘の
夫である丸尾聖治
が6代目亭主と
なっているようです。

妹は中岡陽子といい、
2009年に幸福実現党
から出馬したことも
あるようです。

まとめ

今回は竹内まりやの
旦那、子供、年収、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また竹内まりやに
ついてわかった
ことがありましたら
追記しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする