尾崎里紗の旦那(夫)が気になる!子供は?年収がヤバい?

尾崎里紗
今回は尾崎里紗について
まとめてみました。

尾崎里紗は日本テレビ
のアナウンサーと
なります。

福岡県宮若市
出身となります。

尾崎里紗の旦那(夫)が気になる!

スポンサーリンク

尾崎里紗は1992年
11月21日生まれ
2019年現在27歳と
なります。

2019年11月22日に
同い年の会社員男性と
結婚しました。

旦那は西南学院大学
時代の同級生で、
約6年の交際を経て
結婚となりました。

漫画やゲーム、食べる
ことへのこだわりなど、
趣味も同じなんだ
そうです。

尾崎里紗は親しい友人に
旦那は「名探偵コナン」
の最強キャラクターである
京極真に似ていると
説明しているそうです。

子供はいない
ようです。

尾崎里紗の年収がヤバい?

スポンサーリンク

尾崎里紗の年収は
公表されていません。

参考までに日本テレビ
のアナウンサーの
平均年収は約1400万円
ほどのようです。

年齢別で見てみると
25歳~29歳の平均年収
は約580万円ほどの
ようです。

尾崎里紗の年収も
そのくらいあるの
ではないでしょうか?

尾崎里紗の学歴

スポンサーリンク

尾崎里紗の小学校、
中学校はわかりません
でした。

小学4年生~6年生
までダンスをしていた
そうで、子どもの
頃はストレス発散
のために漢字ドリル
にハマっていた
そうです。

2019年8月29日
には東京ドームで
行われた巨人対
広島戦で球団公式
マスコットガール
「VENUS(ヴィーナス)」
の一員としてチアダンス
を披露しました。

週2回スタジオや
会議室で練習した
そうです。

ピアノを10年間
習っており、小さい
頃はピアノの先生
になるのが夢
だったとか。

高校は自由ヶ丘高校
特進コースとなります。

中学、高校と帰宅部
で部活はしていなかった
そうです。

高校卒業後は
西南学院大学
経済学部に進学
しています。

九州でももっとも
レベルの高い私立
大学となります。

2年生の時に福岡
親善大使に選ばれ、
日本国内や香港で
福岡県をアピール
する活動をしています。

また福岡県の放送局で
あるRKB毎日放送が
運営するRKBアナウンス
スクールに入学して、
アナウンサーを
目指します。

農業経済を特進する
研究もしていた
そうです。

日本テレビ入社直後は
さほど目立つ存在
ではありません
でしたが、先輩
アナウンサーである
水卜麻美アナウンサー
同様、癒し系
アナウンサーとして
人気が上昇してます。

「第2の水卜アナ」
との呼び声も
高くあります。

2018年6月の時点で
入社当時より体重が
10kgも増加したこと
を明かしており、
スタイリストさんも
ウエストがゴムの
服を用意するように
なったそうです。

ヤバいと思った時には
家にあるルームランナー
で調整している
そうです。

東京マラソンを完走し、
同期の笹崎アナウンサー
に「やせたね」と
言われて大喜びした
そうです。

入社当時が40kg前後と
言われているようで、
現在の体重も40kg
前後に戻っているの
ではないでしょうか?

憧れは元フジテレビ
の高島彩だそうです。

尾崎里紗の家族構成は?

尾崎里紗の家族構成を
調べてみましたが、
詳しい情報がなかった
ためわかりません
でした。

実家がセレブなのでは?
とのように言われている
ようです。

その理由は「一人ディズニー
ランド」です。

就職してからのこと
ではなく、大学生
時代からで、大学生の
時に既に年間パスポート
を持っていたそうです。

実家は福岡県に
ありますので、
千葉県までかなり
距離がありますし、
年間パスポート
を持っていても
移動費などの
ことを考えると
そう何度も行ける
ようなとこでは
ないですよね。

ディズニーランドと
ディズニーシーの
共通の年間パスポート
は8600円と大学生に
したらかなり高額で、
更に福岡県と千葉県
までというと移動費
で往復3万円~4万円
はかかるでしょう。

ディズニーランドの
1デーパスポートが
6900円なので、
合計13回行けば
年間パスポートの
元が取れるという
ことになります。

これらのことを考える
とやはり実家が
ある程度金持ちでは
ないといけない
でしょう。

尾崎里紗は子供の頃
から食いしん坊
だったそうで、
1日5食だった
そうです。

今は3食に控えている
そうです。

食費もかなりかかって
いたようなので、
やはり一般家庭よりは
裕福だったのでしょうね。

まとめ

今回は尾崎里紗の
旦那、子供、年収、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また尾崎里紗について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする