大谷翔平の妻(嫁)が気になる!子供は?年俸がヤバい!

大谷翔平
今回は大谷翔平について
まとめてみました。

大谷翔平は岩手県奥州市
出身のプロ野球選手です。

右投左打でMLB.ロサンゼルス
・エンゼルスに所属を
しています。

投手と打者を本格的に
両立する二刀流であり、
2014年にはNPB史上初
となる「2桁勝利・
2桁本塁打」を達成
しました。

2015年には最優秀
防御率、最多勝利、
最高勝率の投手
タイトルを獲得
しました。

2016年にはNPB史上初
「2桁勝利・100安打・
20本塁打」を達成しました。

NPB史上初となる投手と
指名打者の2部門での
ベストナインの選出
に加え、リーグMVP
に選出されました。

165km/hの日本人最速
記録保持者であり、
NPB最速投球記録
保持者でもあります。

MLBに移籍した2018年
には全米野球記者協会
によるア・リーグ最優秀
新人選手賞(新人王)に
選出されました。

日本人選手としては
史上4人目でした。

2019年にはMLBにおいて
日本人初となるサイクル
ヒットを達成しました。

大谷翔平の妻(嫁)が気になる!

スポンサーリンク

大谷翔平は1994年
7月5日生まれ
2019年現在24歳と
なります。

結婚はしていません。

なので子供も
いません。

ちなみに後述でも
触れますが兄の
大谷龍太は2013年
12月に結婚
しています。

では彼女はいるの
でしょうか?

2018年11月にバレーの
狩野舞子と結婚するの
では?とのような噂が
SNS上で話題
なりました。

噂の発端となったのは、
大谷翔平と狩野舞子が
お揃いのブレスレット
を付けていたこと
でした。

更に11月22日のいい夫婦
の日に日本で記者会見を
開く事が決まり
「結婚会見では?」
瞬く間に噂が広がり
ました。

お揃いのブレスレットは
ティファニーの
「ノットシングルブレイド
ブレスレット」で値段は
約5~6万円なんだ
そうです。

偶然なのかということは
わかりませんが、
普段あまりアクセサリー
をつけない大谷翔平が
偶然狩野舞子と同じ
ブレスレットを身に
つけるというのは
考えにくいようにも
思えますね。

そして二つ目の疑惑に
あがったのが7月に
狩野舞子がロサンゼルス
に行き、カリフォルニア
のサンタモニカへ
行ったということです。

そこで自身の誕生日
でもある7月15日に
大谷翔平が出場している
ドジャース球場で
観戦をしていたそうです。

わざわざ自分の誕生日
の日に海外にいって
野球観戦をする
でしょうか?

ここまで来たら交際が
疑われるのも
仕方がないですね。

他にも何人かと
噂があったようですが
狩野舞子が彼女?
という可能性が
一番のようです。

ちなみに高校時代は
彼女がいなかった
そうです。

彼女の必要性を
感じていなかった
とのこと。

好きなタイプは
身長が高く、明るい人
で、スポーティーで
爽やかな感じの
なんだそうです。

チャラチャラした人
は男性も女性も苦手
なんだそうです。

大谷翔平の年俸がヤバい!

スポンサーリンク

大谷翔平は当初メジャー
リーグ挑戦を表明
していましたが、
2012年10月25日の
ドラフト会議にて
北海道日本ハム
ファイターズが単独
1位指名を行い、
4度の入団交渉と
30ページに及ぶ資料、
二刀流プランなどを
提示されたことから
日本ハムへの入団
発表しました。

契約金として1億円
でした。

・2013年 1500万円

・2014年 3000万円

・2015年 1億円

・2016年 2億円

・2017年 2億7000万円

ここからロサンゼルス・
エンゼルスです。

・2018年 54万5000ドル
約5900万円

・2019年 65万5000ドル
約7100万円

大谷翔平の学歴

スポンサーリンク

大谷翔平は奥州市立
姉体小学校から奥州
市立水沢南中学校
進学します。

小学校2年生の時から
水沢リトルリーグで
野球を始めたそうで、
後述でも触れますが
父親の大谷徹が当時の
監督を務めていた
そうです。

そして同じ実力だったら
監督の息子ではない
他の選手を使うという
方針だったことから、
圧倒的な実力をつけるべく
大谷翔平は他の選手
よりも何十倍も練習
したそうです。

当時からポジションは
ピッチャーで、既に
キャッチャーが逃げる
ほどの速球を投げており、
小学校5年生で110km
の球速を記録しています。

その他にも小学校2年生
から5年生まで水泳を
していました。

小学校時代からファミコン
などには目もくれず、
とにかくスポーツを
したり外で遊ぶのが
大好きな少年だった
そうです。

更に学校の成績も
良かったそうです。

中学校に進学すると
一関リトルシニアに
所属してエースとして
活躍し、中学時代には
既に130kmの球速
誇っていました。

シニアでも父親が
コーチを務めていました。

また、バッティングでも
中学1年生の時の福島県
合宿で、センターオーバー
のホームランが場外の
信号機に当たって
信号機が壊れるという
エピソードもあります。

推定飛距離は120m
以上です。

そのためバッティング
練習ではピッチャー
ライナーを打つことは
禁止となっていました。

中学3年生の時には
シニアの全国大会に
出場しており、当時から
高校は野球の強豪校に
進学する意思がありました。

中学校卒業後は
花巻東高校
進学をしました。

菊池雄星に憧れて
花巻東高校に
進学をしました。

大谷翔平は入学直後から
4番となり秋からは
エースも務めました。

高校2年生の時に最速
151kmをマークし、
「みちのくのダルビッシュ」
と呼ばれ注目されました。

第93回全国高等学校
野球選手権大会に
出場します。

高校3年生の夏の
岩手県大会では
最速160kmをマークし、
MLBからも注目を
されました。

第84回選抜高等学校
野球大会にも出場
しました。

本塁打も高校通算
56本放っています。

高校時代は野球浸けの
毎日でしたが勉強の
成績も良く、常に
学年で10番以内を
キープしていました。

高校時代には普通の
机に足が入らなかった
ため、特注の机を
使っていたそうです。

性格も良く、女子にモテた
ため、高校1年生の時から
廊下を歩くたびに歓声が
あがっていたそうです。

そして当初はメジャー
リーグ挑戦を表明
していましたが、
北海道日本ハム
ファイターズへと
入団しました。

大谷翔平の家族構成は?

大谷翔平の家族構成は
父親、母親、兄、姉、
大谷翔平の五人家族です。

父親は前述でも触れましたが
大谷徹です。

岩手県立黒沢尻工業
高等学校時代は
外野手で、卒業後は
三菱重工横浜でプレー
していた元社会人
野球選手で、
現在は金ヶ崎シニア
の監督をしている
そうです。

大谷翔平は小学校2年生
の時から水沢リトル
リーグで野球を始めた
そうで、父親の大谷徹が
当時の監督を務めて
いました。

身長は180センチ
あるそうです。

母親は大谷加代子
いいます。

身長は170センチ
あるそうです。

元バドミントン選手
として国民体育
大会に出場した
経験を持っています。

兄の大谷龍太はプロ野球
独立リーグの高知
ファイティングドッグス
に所属していた経験が
あり、現在はトヨタ自動車
東日本でコーチ兼任
選手として活動
しているそうです。

兄は2013年
12月に結婚を
しています。

身長は187センチ
ほどと言われています。

姉は大谷結香
いいます。

バレーボールの経験が
あるという情報が
あります。

大谷家はスポーツ
一家のようですね。

クォーター説が大谷翔平
にはありますが、
日本人です。

まとめ

今回は大谷翔平の
妻、子供、年俸、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また大谷翔平について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする