伊藤綾子の旦那(夫)はあの人!子供は?実家は?

伊藤綾子
今回は伊藤綾子について
まとめてみました。

伊藤綾子は元アナウンサーです。

過去に秋田放送、フリー
アナウンサーとして
セント・フォースに
所属していました。

伊藤綾子の旦那(夫)はあの人!

スポンサーリンク

伊藤綾子は1980年
12月23日生まれ
2019年現在38歳と
なります。

2019年11月12日に
二宮和也と結婚した
ことがわかりました。

交際期間は5年です。

代理人が都内の区役所
に婚姻届を提出した
そうです。

二人の出会いは2012年
8月、伊藤綾子が
レギュラーを務める
「news every.」に
二宮和也が「24時間テレビ」
の宣伝で出演した時です。

2014年には嵐のレギュラー
番組に伊藤綾子がゲスト
出演し、その後、交際が
開始しました。

2016年7月には、二宮和也
のマンションに連泊する
伊藤綾子の姿が週刊誌で
報じられ、交際が発覚
しました。

伊藤綾子は2017年3月に
7年間出演していた
「news every.」
を卒業しました。

2018年3月末で所属事務所
を退社するなど「身近整理」
を進め、結婚準備と
見られていました。

2018年4月には伊藤綾子が
羽田空港に二宮和也を
迎えに行く姿が週刊誌に
キャッチされ、同棲生活
を送っていると伝えられ
ました。

二宮和也がソロ活動に
入った2021年以降に
結婚するのでは?
という声もありましたが、
嵐が活動休止を待たずに
結婚となりました。

子供はいない
ようです。

伊藤綾子の実家は?

スポンサーリンク

伊藤綾子の実家に
ついて詳しい情報は
ありませんが、
ヒントとなる情報が
ありました。

伊藤綾子は秋田県
生まれで、中学校は
秋田市立城東中学校です。

中学校の住所は秋田県
秋田市広面字鍋沼17
なんだそうです。

実家は秋田県秋田市
広面方面にあると
予想出来ますが、
現在は引っ越しを
しているという
可能性もあります。

伊藤綾子の学歴

スポンサーリンク

伊藤綾子の小学校は
秋田市立広面小学校です。

小学校時代から
バスケットボールに
打ち込んでいます。

朗読大会に出場した
ことで漠然と
「話すことを仕事に
したい」と思うように
なったのだとか。

小学校を卒業する際に
お世話になった先生に
「話すことは人の心に
花を咲かすこと」
書いた色紙を貰った
ことで、アナウンサー
になることが明確な
目標に変わった
いいます。

また小学校の頃から
書道にも取り組んでおり、
段位は十段を取得する
ほどの腕前でした。

中学校は秋田市立広面
中学校です。

中学校時代はバスケット
ボール部に在籍し、主力
選手として活躍を
しています。

キャプテンも務めています。

同じ学校の野球部の
エースだった男子生徒
に告白され、初めて
交際しています。

ところがその3ヶ月後には
交際相手に手紙で
一方的に別れを
告げられたそうです。

後に別れたことに
ついては特に理由は
なかったと判明
しています。

高校は秋田南高校です。

高校では部活は行って
いなかったようです。

高校野球の観戦は
度々していたそうです。

英語が得意だったこと
から、高校時代の夢は
アナウンサーに加え、
英語教師かキャビン
アテンダントになる
ことだったといいます。

高校卒業後山形大学
現在の地域教育文化
学部の教育学部
進学しています。

大学では教育学部に
在籍して、他の場所
にキャンパスのあった
山形大学の医学部の
ヨット部に所属して
マネージャーを
務めています。

部活の度に宮城県まで
出向いていたそうです。

中学校(英語・保健体育)
と高校(英語)の教員免許
を取得しています。

ですが伊藤綾子はアナウンサー
になることは小学校時代
からの夢だったと
インタビューで話している
ことから、アナウンサー
になれなかった場合に
備えての教員免許の
取得だったようです。

大学卒業後秋田放送に
アナウンサーとして
入社しています。

伊藤綾子の家族構成は?

伊藤綾子の家族構成は
父親、母親、姉、
伊藤綾子の四人家族
となります。

子供の頃から活発で
明るい女の子だった
そうです。

姉は結婚しており、
秋田県の実家の
近くに暮らしている
そうです。

子供もいて、伊藤綾子
の姪っ子にあたります。

どこか自分に似ていて、
とっても可愛い、
叔母として見守りたい
と言っています。

旦那については前述
で触れていますので
ここでは数に入れて
いません。

まとめ

今回は伊藤綾子の
旦那、子供、実家、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また伊藤綾子について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする