衛藤美彩の旦那(夫)が気になる!子供は?乃木坂46卒業理由は?

衛藤美彩
今回は衛藤美彩について
まとめてみました。

衛藤美彩はタレント、
ファッションモデルで、
乃木坂46の元メンバー、
「美人百花」の
レギュラーモデルです。

大分県大分市出身です。

乃木坂46合同会社
所属です。

衛藤美彩の旦那(夫)が気になる!

スポンサーリンク

衛藤美彩は1993年
1月4日生まれ
2019年現在26歳
となります。

2019年10月24日に
プロ野球選手の
源田壮亮と10月内に
結婚したことが
わかりました。

出会いは2018年春、
衛藤美彩がアシスタント
を務めたCSフジテレビ
ONE「プロ野球ニュース
2018」で源田壮亮を
取材し、同い年で
同じ大分県出身という
こともあり意気投合
したそうです。

2019年3月末に衛藤美彩
が乃木坂46を卒業し、
4月に源田壮亮から交際
を申し入れ、交際が
スタートしたそうです。

交際半年でのスピード婚
となりました。

子供はいない
ようです。

衛藤美彩の乃木坂46卒業理由は?

スポンサーリンク

衛藤美彩は2019年
2月14日、3月31日に
インテックス大阪で
行われる全国握手会
をもって乃木坂46を
卒業することを
発表しました。

3月31日に約8年間所属
した乃木坂46を卒業
しました。

卒業については1年ほど
前から考え始めていた
といいます。

ブログでは「離れてみて
分かることや、自分が
どれだけ恵まれた環境
で活動させて頂いていた
のかも痛感する事も
あると思いますが、
私らしく前を向いて、
これからも頑張って
いこうと思いました」
と卒業を決断した
気持ちを綴っていました。

卒業理由については
乃木坂46を卒業して
12日目で発覚した
源田壮亮との交際
が関係しているのでは?
とのように見られている
ようです。

乃木坂46を卒業する
1年ほど前から卒業
する事を考え始めた
ということなので、
源田壮亮との出会いも
その頃なので確かに
ちゃんと交際する
ために卒業しようと
考えたのかも知れない
ですね。

衛藤美彩の学歴

スポンサーリンク

衛藤美彩の中学校は
大分市立上野ヶ丘
中学校です。

中学時代はバレーボール部
に所属しており、部活動
に打ち込んで主力選手
として活躍しました。

ですが中学校3年生の
時の最後の大会で
肉離れをおこして
出場出来なかった際、
八つ当たりみたいな
ことをしてしまった
そうです。

高校は大分情報科学
高校です。

高校1年生の時に大分市
の情報誌「CHIME」の
モデルとして芸能活動
を開始しています。

高校2年生の時には
ローカルアイドル
グループのCHIMO
としても活動しており、
メインボーカルも
担当しました。

高校時代は部活動は
行っていないようです。

高校時代に商業簿記、
工業簿記、ワープロ、
情報処理、パソコン検定
etcの資格を取得してます。

芸能界に入らなければ
大分の銀行に勤めていた
かもと語っています。

高校3年生の時の文化祭
ではクラスの同級生達と
ステージでダンスを披露
しています。

大学には進学せず
歌手を目指して
上京しています。

高校を卒業するタイミング
でスカウトされて上京
しますが、その年に
グラビアアイドルとして
人気を博して、ミスマガジン
のグランプリも獲得
しています。

「ミスマガジン2011」
は約1万5000人の
応募者の中から
グランプリを受賞
しました。

CHIMOは高校卒業後に
卒業しています。

その翌月には乃木坂46の
第1期生のオーディション
に合格してメンバー入り
をしています。

乃木坂46のオーディション
を受けたのは、子供の
頃から歌が好きだった
からとインタビューで
語っています。

衛藤美彩の家族構成は?

衛藤美彩の家族構成は
父親、母親、兄、
衛藤美彩、弟の
五人家族のようです。

兄は3歳年上で弟は
7歳年下だそうです。

衛藤美彩は4歳の時に
足の腫瘍の手術を
受けたことから当初は
車椅子生活を送っており、
小学校2年生の時に
ようやく自力で歩行
出来るようになりました。

以降は順調に回復して、
小学校3年生の時には
リレーでアンカーを
務めるほどになりました。

上京の際に親からは
「大学に行ったつもりで
東京に出すよ」と言われ、
4年から5年の間に結果
を出さなければ
ならないと考えていた
そうです。

本名は衛藤実彩です。

2011年、ソニー・
ミュージックアーティスツ
に所属後、衛藤美彩を
芸名としました。

まとめ

今回は衛藤美彩の旦那、
子供、乃木坂46卒業理由、
学歴、家族構成について
まとめてみました。

また衛藤美彩について
わかったことがありましたら
追記しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする