清野とおるの妻(嫁)は壇蜜!子供は?マスクの理由は?

清野とおる
今回は清野とおるについて
まとめてみました。

清野とおるは漫画家です。

東京都板橋区志村村
出身です。

東京都北区赤羽在住です。

清野とおるの妻(嫁)は壇蜜!

スポンサーリンク

清野とおるは1980年
3月24日生まれ
2019年現在39歳と
なります。

2019年11月22日に
壇蜜と結婚しました。

プロポーズらしい
プロポーズはなかった
そうですが「いい夫婦の日」
の結婚は清野とおるの
「覚えやすい日がいい」
というアイデアなんだ
そうです。

二人は2017年3月2日放送
のTBS「櫻井・有吉THE夜会」
での共演で知り合い、
交際に発展したそうです。

子供はいない
ようです。

清野とおるがマスクの理由は?

スポンサーリンク

清野とおるはたまに
バラエティー番組に
出演しますが、
いつも顔にモザイク
処理もしくは
マスクを着用してます。

ですが普段街を歩く
時はマスクをしていない
そうです。

マスクの理由は「口の
粘膜を見られたくない」
「取材活動に影響を及ぼす
(=顔バレ禁止)」という
理由から出演時は鼻から
下を覆う巨大なマスク
を被っているそうです。

実は清野とおるは
「トゥレット障害」
という病気で、
言葉や行動が特異に
なるという症状がある
そうです。

少年時代は強迫観念による
幻聴に悩まされており、
幻聴の命令に従わないと
激しい頭痛に襲われた
そうです。

漫画家になってからも
原因不明の吐き気から
抗精神病薬を服用
していた時期がある
のだとか。

保育園は平気で
児童虐待をする園長
と従属する副園長に
よって支配された
「地獄保育園」
だったそうです。

そこで育ったことが
トラウマになり、
「トゥレット障害」
の原因となったのかも
しれません。

清野とおるの学歴

スポンサーリンク

清野とおるの小学校は
板橋区立志村第四
小学校です。

中学校は板橋区立
志村第二中学校です。

清野とおるの高校は
成立学園高校です。

現在偏差値52の共学高校
ですが、清野とおるが
通っていた当時は
男子校で、偏差値は
かなり低くかなり
荒れていたそうで、
教師が逮捕された
こともあったのだとか。

高校在学中に「ヤング
マガジン増刊青BUTA」
に掲載された
「アニキの季節」で
1998年にデビューの
後、大学在学中に
「週刊ヤングジャンプ」
にて「青春ヒヒヒ」
「ハラハラドキドキ」
を連載しました。

ですが半年で打ち切られ
ています(いずれも絶版)。

「連載を失って実家に
いるのが、いたたまれなく
なった」という理由から
実家のある東京都板橋区
志村から隣町の東京都
北区赤羽に引っ越し、
2003年冬から一人
暮らしを始めました。

この赤羽で出会った
人たちや、体験した
出来事が、後の
清野とおるの創作
活動に多大な影響を
与えたそうです。

大学はどこかは不明
でした。

清野とおるの家族構成は?

清野とおるの家族構成は
父親、母親、清野とおる
というのはわかりました。

兄弟の情報は見当たらなかった
ことから恐らく一人っ子
だと思われます。

妻については前述で
触れていますので
ここでは数に
入れていません。

清野とおるが引退?

清野とおるが引退した
とのようの噂がある
ようですがそれは
デマですが、引退を
考えたことはある
のだとか。

先程も触れましたが
連載を失って実家を
離れて一人暮らしを
始めました。

2006年、集英社との
専属契約も終わり、
ほかの出版社に
持ち込みしますが
漫画だけでなく人格も
否定され、それでも
諦めず続けてようやく
小学館の編集者に
出会いますが、
下書きボツが続いた
といいます。

その小学館の「週刊ヤング
サンデー」で不条理ギャグ
短編の発表に漕ぎつけ
ますが、まさかの
ヤングサンデーが
休刊となったそうです。

収入源を失ったため、
不本意にアルバイト
生活を送ることとなった
そうです。

赤羽を舞台にしたエッセイ
漫画を描きますが
「一般人やホームレスの
写真は載せられない」と
いう理由でこれも
ボツとなります。

漫画家を諦めかけ
引退を考えたのは
この頃なんだとか。

それでもブログに
赤羽ネタを毎日
書いています。

そんななか2008年、
赤羽ネタを書いていた
ブログが「Bbmfマガジン」
編集者の目に留まり、
12月から携帯サイト
「ケータイまんが王国」
で「東京都北区赤羽」
の連載開始すると
メディアで注目されました。

まとめ

今回は清野とおるの妻、
子供、マスクの理由、
学歴、家族構成、
引退についてまとめて
みました。

また清野とおるに
ついてわかったこと
がありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする