坂元裕二と妻(嫁)との馴れ初めは?子供は?とんねるずとの関係は?

坂元裕二
今回は坂元裕二に
ついてまとめて
みました。

坂元裕二は脚本家、
作詞家です。

東京芸術大学
教授です。

大阪府出身です。

坂元裕二と妻(嫁)との馴れ初めは?

スポンサーリンク

坂元裕二は1967年
5月12日生まれ
2021年現在53歳と
なります。

1998年に森口瑤子
と結婚しました。

馴れ初めですが
坂元裕二が監督を
務めた1996年公開の
映画「ユーリ」に
森口瑤子が出演を
したことがきっかけ
で知り合って結婚に
至ったようです。

二人が結婚したのは
1998年で映画「ユーリ」
の公開から2年後の
結婚ということで
交際期間は2年ほど
と言われている
ようです。

子供は2002年に
第一子となる
女の子が誕生
しています。

坂元裕二が23歳の時に
「東京ラブストーリー」
がヒットしてトレンディ
ドラマの名手と言われる
ようになったそう
ですが自分は何が
したくてこの仕事を
しているのかと考え、
27歳の時に一時
テレビ業界から
離れたそうです。

32歳の時に小説を
書き始めたそう
ですが3年間書いて
物語を完成させる
ことができなかった
といいます。

生活のために再び
テレビの現場に
戻ったそうです。

「きらきらひかる」
のドラマ版をみた
こともテレビ脚本
の世界に戻る
きっかけの一つ
だったそうです。

35歳の時に娘が
誕生して転機が
訪れたそうです。

共働きの妻は仕事
で家を空けなければ
ならず一人で娘の
面倒をみる時間が
長かったそうです。

自宅で執筆をしながら
子育てするのは想像
以上に大変だった
といいます。

そんな中である
ことに気づいた
そうで子供が
生まれるまでは
やはり自分は
作家だと気づいた
そうです。

43歳の時に子育て
の経験をもとに
オリジナルドラマ
を書いたそうです。

放送後、坂元裕二
の中で道が見えた
といいます。

坂元裕二ととんねるずとの関係は?

スポンサーリンク

坂元裕二はとんねるず
のファンなんだ
そうです。

「フジテレビヤング
シナリオ大賞」に
応募したそうですが、
「入賞すればフジテレビ
でとんねるずに会える
のでは?」という期待
から始まったもの
だったそうです。

また妻の森口瑤子も
坂元裕二と同じく
高校時代からとんねるず
のファンなんだ
そうです。

坂元裕二の学歴

スポンサーリンク

坂元裕二の高校は
奈良育英高校です。

高校時代から本に
触れだして、
高校卒業後、
フリーターを
しながら脚本を
学んだそうです。

1987年、「第1回
フジテレビヤング
シナリオ大賞」を
19歳で受賞して
デビューしました。

同時期にディレクターズ・
カンパニーが行っていた
脚本募集にも応募した
そうですがそちらでは
採用されなかったため
テレビの道に進んだ
といいます。

上京してテレビ局の
アシスタントを
しながら脚本の腕
を磨いたそうです。

そして前述でも
触れましたが
1991年に「東京
ラブストーリー」
がヒットして
現在に至ります。

坂元裕二の家族構成は?

坂元裕二の家族構成は
父親、母親、坂元裕二、
弟二人の五人家族です。

実家は自動車
整備工場を
営んでいる
そうです。

坂元裕二は小学生
の頃から一人で
映画館に通って
映画の仕事に
就きたいと
思っていた
そうです。

妻、子供については
前述で触れています
のでここでは数に
入れていません。

まとめ

今回は坂元裕二の
妻、子供、とんねるず、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また坂元裕二に
ついてわかった
ことがありましたら
追記しますので
ご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!