永夏子の旦那(夫)は小池徹平!子供は?年収がヤバい?

永夏子
今回は永夏子について
まとめてみました。

永夏子は女優と
なります。

東京都出身です。

永夏子の旦那(夫)は小池徹平!

スポンサーリンク

永夏子は1983年
8月3日生まれ
2019年現在36歳
となります。

2018年11月8日に
小池徹平との結婚を
発表しました。

二人の出会いは
2015年冬頃の
ようで、共通の
友人を介して知り合い、
すぐに交際に発展
したそうです。

自然とお互いの親族
に紹介し合うなど
結婚までの流れは
自然だったようです。

小池徹平曰く「実際に
結婚を決めたのは
10月に入ってから。
ウエンツさんが9月
いっぱいで芸能活動を
休止して留学した影響
も大きかったと
思います」とのこと。

自然やアウトドアが
好きという共通の
趣味があったそうで、
すぐに意気投合した
そうです。

しかし、外に出れば
撮影されてもおかしく
ないということで、
小池徹平は永夏子を
気遣ってデートは
お互いの自宅だった
そうです。

永夏子はアジア料理が
大好きで「いつか徹平くん
と堂々とタイ料理店で
デートしたいな」
健気なことを言っていた
そうです。

永夏子の子供は?

スポンサーリンク

2019年5月30日に
自身のブログで
第一子の妊娠を
発表しました。

9月6日に第一子と
なる男の子が
誕生しています。

永夏子によると小池徹平
も出産に立ち会えたよう
で、「夫が立ち会える
ピンポイントな時間に
しっかりと合わせて
この世に誕生してくれた
親想いの息子に感謝です」
とコメントしました。

「言葉では説明のできない
かけがえのない瞬間と
なりました」と出産に
ついて振り返って
いました。

これから始まる3人での
生活を見据えたコメント
もしていました。

永夏子の年収がヤバい?

スポンサーリンク

永夏子の職業は「女優」
と「心理カウンセラー」
だそうです。

どちらも同じくらい
力を入れて活動を
しているようですが、
どちらかと言えば
心理カウンセラー
に比重がありそうです。

「Office GENE」を
設立しています。

開業した場合、その人
の頑張り次第で年収
1000万円も十分に
狙えるそうです。

女優もしていますし
小池徹平と結婚、
出産もして知名度
があがったと
思われますので、
女優業もカウンセラー
の方の年収も以前
より上がっている
のではないでしょうか?

永夏子は2006年から
2012年までEXILEや
E-girlsが所属する
LDH JAPANに所属
していました。

当時は「小林夏子」
と本名で活動
していました。

その後、LDH JAPAN
を退所して映像制作
会社BABEL LABELの
俳優部に所属します。

更にこの事務所も
退所してフリー
となりました。

そしてフリーになった後、
2017年に小林から永へ
改名して、現在の
「永夏子」となりました。

永夏子の学歴

永夏子は慶應義塾
幼稚舎卒園、慶應
義塾中等部卒業、
慶應義塾女子
高等学校卒業、
慶應義塾大学文学部
を卒業しており、
ずっと慶應義塾
一本です。

大学時代には「ミス慶應」
のコンテストにも出場
したことがあるそうです。

その時はファイナリスト
の「ミス慶應」には
なれなかったそう
ですが、最終候補者
までいったそうです。

ちなみに慶應義塾
幼稚舎から入園して、
一貫して慶應義塾大学
を卒業となるとかなり
のお金がかかるようです。

幼稚舎が約750万円、
普通部が約350万円、
高校が約300万円、
大学が約400万円で
合計すると約1800
万円となります。

更にこれに寄付金や、
もろもろの諸経費が
かかるということで、
両親がかなりの
お金持ちではないと
行けないです。

永夏子の家族構成は?

永夏子の家族構成は
父親、母親、永夏子、
弟の四人家族
ようです。

父親は一流企業の
役員とのような
話はありました。

前述の学費のことを
考えるとそれ相応の
職業であるという
のは間違いない
でしょうね。

弟は「画家」という
バンドのメンバー
なんだそうです。

16人編成のビッグバンド
なんだとか。

2015年に分裂騒動が
あり、メンバーの
中から2つのユニット
が発生したそうです。

ただ、弟がどのユニット
に入って活動している
のかというのは
わかりませんでした。

弟も2015年に結婚
して子供もいる
ようです。

旦那、子供については
前述で触れています
のでここでは数に
入れていません。

まとめ

今回は永夏子の
旦那、子供、年収、
学歴、家族構成に
ついてまとめて
みました。

また永夏子について
わかったことが
ありましたら追記
しますのでご覧
ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする